× 閉じる

トップ > ヨーロッパ > イギリス > ロンドン2特派員 > あなたもナニかに会えるかも。。。?:パブ『Viaduct Tavern』

イギリスイギリス/ロンドン2特派員ブログ

あなたもナニかに会えるかも。。。?:パブ『Viaduct Tavern』

カテゴリー:レストラン・料理・食材 投稿日:2017年6月20日

ロンドンに数ある老舗パブの中でもかねてから行ってみたかった1875年に作られた「Viaduct Tavern」。
1.jpg

内装は1898年から1900年に改装されて以来そのまま。
天井の高いこのパブは昔は高級ジン・バーとして始まり、木の色から 天井に掘られた模様、皮の椅子に、壁に飾られた大きな絵まで何から何まで気取らず上品で、かつ暖かい雰囲気を醸し出しています。
ヴィクトリア朝のジン・バーとしてはロンドンでは最古のものになのだそうです。
2.jpg

中央裁判所の向かいにあるViaduct Tavern。
かつて目の前の交差点は公開処刑所だったとか。。。
実は地下に大昔に実際使われていた牢屋が残るこのパブ。「幽霊を見た」などという噂が絶えません。
暗闇で電気のない中数十人が詰め込まれていたという牢屋は、食べ物が上から投げ落とされた穴なども残るとても貴重なものだそうで、
店内がもしもしすいていると稀に見学させてくれるそうな。(私が行った時は4時半頃でちょうどぼちぼち人が入りだす時間帯。"Sorry(ごめんね)"と言われてしまいました。次回こそ!)

それはさておき。

折角なのでジンを頂いたらよかったのですが、この日の気分はどうしてもサイダーだったので。
ガラス張りのシックな絵の隣にある高いすに腰掛けて、一杯。
3.jpg

この入って右側の壁いっぱいにあるガラス張りの大きな絵の一つ、右端に大きく焦げた穴があります。
第一次世界大戦の時にできた弾痕と教えていただきました。
4.jpg

5.jpg


100年以上の歴史を持つViaduct Tavernが放つ雰囲気は独特で心地よいものでした。
様々なストーリーからできているパブで気軽に時間が過ごせる、そんな贅沢な時間もロンドンではできてしまうんですね〜。
また、ここはセント・ポール大聖堂やスミス・フィールドミート・マーケットなどその他多くの歴史的建造物に囲まれているので、ぶらり散歩のついでパブ としても是非立ち寄ってみても?

ナニかに会えるかもしれません。。。。


住所:126 Newgate St, London EC1A 7AA
電話:+44 20 7600 1863
Web:www.viaducttavern.co.uk
日本語対応:なし
最寄駅:St.Paul's駅
無料WiFiが使えます

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

デュポン 洸子

イギリス・ロンドン2特派員のデュポン 洸子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

イギリスイギリス/ロンドン2特派員
名前:デュポン 洸子

デュポン 洸子

ドキュメンタリーフォトグラファー。幼少期を中国、パキスタン、イギリスで過ごし、現在アジアを中心に取材を続ける。2016年より拠点をロンドンに移し、街探検を楽しむ毎日。ロンドンのそこここにあるビックリや感動、楽しい!やそして時に ほっこりをお届け!したいと思います!ホームページ:www.akiko-dupont.com

ロンドン2特派員トップにもどる

その他のイギリスの特派員

ロンドンを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ロンドン2特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > イギリス > ロンドン2特派員 > あなたもナニかに会えるかも。。。?:パブ『Viaduct Tavern』