トップ > ヨーロッパ > イギリス > ロンドン2特派員 > じっくり散歩:Richmond公園編

イギリスイギリス/ロンドン2特派員ブログ

じっくり散歩:Richmond公園編

カテゴリー:自然・風景 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2017年5月23日

Richmondはおしゃれでどこか「古き良きイギリス」を思わせる不思議な街。何を見たいか、したいかによって見えてくる景色は様々。
Richmond Park1.jpg

Arukikata-station.jpg


そこで今日は、ロンドンで自然とイギリスを感じられるお散歩コースの一つを提案。
のんびりした時間を過ごしたい、でもとにかく歩きたい!そんな時にもってこいなリッチモンド公園を歩いてみましょう!
Richmond Park3.jpg


今回のお散歩のチェックポイントは、公園 内の3箇所。
1)ペンブローク・ロッジ(Pembroke Lodge)www.pembroke-lodge.co.uk
2)ペン池(Pen Ponds)
3)ロイヤル・バレー学校(Royall Ballet School)

散歩後の感想:ロンドンにいるとは思えないちょこっと別世界。目に入る植物など風景がどんどん変わり、所々歴史にも触れられ。半日のんびり楽しく歩けました!

反省点:カメラ持って行けばよかった。。。。


リッチモンド公園は Richmond駅から歩いてすぐ。ロンドン内の他の王立公園と違い自然公園なので、その様々な種類の植物はもちろん、運が良ければ鹿にも巡り会うこともできてしまう 生命溢れるスポット!
RichmondPark2.jpg

ザ・イギリスな花、水仙も公園内に咲いていました。

しばらく散策したらクイーンズ・ロード沿いにある ペンブローク・ロッジで休憩、英国らしくティーなどいかがでしょう?
1847年に当時の首相ジョン・ラッセル卿の自宅として使われた為ルイス・キャロルなど数々な有名人が訪れ、今は知る人ぞ知るレストランになっているペンブローク・ロッジ。
外のテラス席からはテムズ渓谷などを眺めながらお茶をいただくことができ、お値段も比較的お手頃!
PenbrokeLodge.jpg

この日はスコーン (クロテッドジャムとジャム付き)+ 紅茶 のセットを。風があってもテラスでいただく価値ありの眺めです!(雨が最後しばし降り出したため、写真撮り忘れてしまいました)
冷えだしていた身体も温かいほくほくのスコーンと紅茶でじんわり暖かくなります。


エネルギーを充電したら公園の中心にあるペン池目指してみます。
PennPond.jpg


鹿に会えないかとキョロキョロ。


ペン池を中心にペンブローク・ロッジと真反対へ歩いて行くとロイヤル・バレー学校が見えてきます。
RoyalBalletSchool.jpg

ホワイト・ロッジと呼ばれるこの建物は18世紀に王室が狩のために使っていたそうで、その後、ロイヤル・バレー学校が借り受けました。
近年リノベーションもされたそうで本当に綺麗な建物。
ここで世界中からプロを目指すバレリーナたちが日々頑張っています!


お天気にもよって雰囲気の全く違うリッチモンド公園。気分に合わせて、皆さんもお出かけしてみてください!


<ペンブローク・ロッジ>
住所:Richmond Park, Queen St, Richmond TW10 5HX
電話:+44 20 8940 8207
Web:http://pembroke-lodge.co.uk
日本語対応:なし

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

デュポン 洸子

イギリス・旧ロンドン2特派員のデュポン 洸子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

イギリスイギリス/旧ロンドン2特派員
名前:デュポン 洸子

デュポン 洸子

ロンドン2特派員トップにもどる

その他のイギリスの特派員

ロンドンを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ロンドン2特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > イギリス > ロンドン2特派員 > じっくり散歩:Richmond公園編

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について