トップ > ヨーロッパ > イギリス > ロンドン特派員 > 日本郵便ぽすくま君と、世界遺産エーヴベリーを探訪!

イギリスイギリス/ロンドン特派員ブログ

日本郵便ぽすくま君と、世界遺産エーヴベリーを探訪!

カテゴリー:レストラン・料理・食材 / 文化・芸術・美術 / 自然・風景 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2021年9月 4日

古代遺跡の巨石群があるウィルトシャー州エーヴベリーは、ストーンヘンジとともに世界遺産に登録されています。


1arukiave.jpg

そこで今回は、先月からイギリス旅行を楽しんでいる日本郵便のぽすくま君を連れて行きましたよ!

1arukiave1.jpg


ここに写っている以外にも広範囲にわたって現存する巨石群は、ストーンヘンジよりも大規模。遺跡周囲の村ごと保存されているので、歩きやすい靴でたっぷりウオーキングしましょう。

1arukiave2.jpg

世界的に有名な観光地となったストーンヘンジは現在ロープで周囲をかこまれていますが、エーヴベリーはまだ今のところ開放されています。触ったり座ったりしてもOKです。

1arukiave3.jpg

古代巨石とのツーショットが撮り放題なので、ぽすくま君もうれしそう♪

1arukiave4.jpg


広い敷地は牧草地も兼ねていて、羊や牛の群れが放牧されていることもしばしば。巨石群の近くで羊が草を食んでいる場面に遭遇することもあって、ほのぼの和みます。


1arukiave8.jpg


エーヴベリーを所有・運営しているのはナショナルトラストという環境・史跡の保護団体。休憩や軽食にはその直営カフェもありますが、今回案内するのは「ザ・レッドライオン」というパブ。


1arukiave5.jpg

パッと見はイギリスによくある古いパブ。1600年代から宿屋&パブとして続いているそうです。

1arukiave6.jpg


でもほかのパブとちょっと違うのは、店内に古井戸が残っていること! いまはガラスで塞がれたうえ、なんとテーブルとして使われているのですが......。

1arukiave7.jpg

さらに驚くことに、この井戸の底には「少なくともひとりの不運な村人が永眠している」んですって。そのため幽霊が出るという噂つき。

エーヴベリーを訪れたら、古代遺跡にふさわしく謎に満ちたパブにも寄ってみてくださいね!


エーヴベリー公式サイト

*ぽすくまは日本郵便のキャラクターです。©Japan Post Co., Ltd.
ぽすくまと仲間たち公式サイト

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

小野 雅子

イギリス・ロンドン特派員の小野 雅子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

イギリスイギリス/ロンドン特派員
名前:小野 雅子

小野 雅子

在英25年。ロンドンでの会社員生活をセミリタイアし、イングランド西部とロンドン、娘ファミリーが住むヨークシャー、相方の実家のギリシャ・アテネを往復する日々。初めてイギリスへいらっしゃる方にも分かりやすいロンドン観光情報を中心に、イギリスやヨーロッパの情報もご案内いたします。個人ブログ「ロンパラ!」はこちら♪(以前はヒースロー特派員DISQUS ID @disqus_4TucldK0iv

ロンドン特派員トップにもどる

その他のイギリスの特派員

ロンドンを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ロンドン特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > イギリス > ロンドン特派員 > 日本郵便ぽすくま君と、世界遺産エーヴベリーを探訪!

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について