トップ > ヨーロッパ > イギリス > ロンドン特派員 > 以前カミラ妃が住んでいた家、今は「ピンクフロイド」ニック・メイスン氏が所有する屋敷の庭園オープンデー体験記

イギリスイギリス/ロンドン特派員ブログ

以前カミラ妃が住んでいた家、今は「ピンクフロイド」ニック・メイスン氏が所有する屋敷の庭園オープンデー体験記

カテゴリー:イベント・行事・お祭り / エンターテイメント・音楽・ショー / 交通・鉄道・航空 / 文化・芸術・美術 投稿日:2021年7月 7日

先月チャリティーイベントに参加しました。場所はチャールズ皇太子と再婚したカミラ妃が、最初の夫パーカーボウルズ氏と結婚していた頃に住んでいた屋敷の庭園。


そして現在の持ち主はイギリス史上に残るロックバンド「ピンクフロイド」のドラマー、ニック・メイスン氏です!


1apink.jpg


屋敷の名前はミドルウィック・ハウスで、もとは18世紀に建てられたもの。イギリスには古いマナーハウスやお城など一般公開しているところが多いので、それだけならすごくユニークとは言えませんが......。


1apink1.jpg


ニックさんが所有する見事なクラシックカー&レーシングカーのコレクションが、惜しげもなく展示されている点が見逃せないんですよ!


1apink2.jpg


ちょっと例を挙げただけでも1927年製ブガッティ35B、1957年製マセラッティ250F、1960年製フェラーリ250GTOなどなど。車好きにはもちろん、車なんてよくわからない私が見てもその貴重さは明瞭なものばかり。


1apink7.jpg


ごついレーシングカーだけじゃありません。かわいいピンクの車には後部に「フロイド」と書かれてて、つい笑っちゃいました♪

1apink4.jpg

ヘリコプターの操縦もするニックさん、自家用機も当然あります!


1apink3.jpg


入場料金やグッズ売り上げなどが、すべてウィルトシャー救急ヘリ隊とウィルトシャー警察の老人家庭警備活動に寄付されるイベント。今年2021年は5万2000ポンド(約800万円)が集まったそうです。


1apink5.jpg


カフェやハンバーガーなどの飲食販売テントもあり、すてきな中庭にあるテーブルでゆっくり休憩できたのもよかった!


1apink6.jpg


広大な庭園には古いチャペルや井戸があるかと思えば、バラ園や野菜畑、テニスコート、大きな温室のような屋内プール、馬やロバなどのいる牧場も。

1apink8.jpg

とにかく広い敷地なので、半日かけて散歩するのにピッタリ。来場者には小さな子供連れやワンコ連れもたくさんいて、思い思いに楽しんでいました。


昨年はコロナで中止になったけれど、その前の2019年も2018年も盛況だったこのチャリテーイベント。来年も開催される可能性が大いにあるので、興味のある人は記事末尾のリンクを来年になったらチェックしてみて。

1apink9.jpg

公共交通機関で行くのは難しい場所にあるためマイカーやレンタカーが必要ですが、ロンドンから約2時間のドライブで到着。とても有意義な一日を過ごせるチャリティーイベントでした!


ウィルトシャー航空救急隊によるイベント関連記事


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

小野 雅子

イギリス・ロンドン特派員の小野 雅子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

イギリスイギリス/ロンドン特派員
名前:小野 雅子

小野 雅子

在英25年。ロンドンでの会社員生活をセミリタイアし、イングランド西部とロンドン、娘ファミリーが住むヨークシャー、相方の実家のギリシャ・アテネを往復する日々。初めてイギリスへいらっしゃる方にも分かりやすいロンドン観光情報を中心に、イギリスやヨーロッパの情報もご案内いたします。個人ブログ「ロンパラ!」はこちら♪(以前はヒースロー特派員DISQUS ID @disqus_4TucldK0iv

ロンドン特派員トップにもどる

その他のイギリスの特派員

ロンドンを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ロンドン特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > イギリス > ロンドン特派員 > 以前カミラ妃が住んでいた家、今は「ピンクフロイド」ニック・メイスン氏が所有する屋敷の庭園オープンデー体験記

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について