トップ > ヨーロッパ > イギリス > ロンドン特派員 > 大人も子供も楽しめる、ウォーリック城で中世にタイムトリップ!

イギリスイギリス/ロンドン特派員ブログ

大人も子供も楽しめる、ウォーリック城で中世にタイムトリップ!

カテゴリー:エンターテイメント・音楽・ショー / ショッピング・雑貨・お土産 / 交通・鉄道・航空 / 天気・気候・気温 / 文化・芸術・美術 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2021年6月 3日

最近とくに気候がよくなってきたイギリス。日本と違い梅雨がないため、6月は爽やかな初夏を満喫できる行楽シーズンです。


昨年からのコロナ問題が完全収束していないとはいえ、ワクチン接種の浸透とともに徐々に規制緩和が進んできました。それにともない美術館のような室内施設や各種アミューズメントも再開。


今回ご案内するウォーリック城も、そんな行楽スポットのひとつです。


1aruwar1.jpg


1068年に本体が築かれた、およそ千年の歴史ある本物の古城ですが......いまではマダム・タッソー蝋人形館やレゴランドUKを所有するタッソーグループが経営する、中世アミューズメントパークなのです!


1aruwar.jpg


古城の中では、まるで生きているようにリアルな蝋人形たちが中世の生活を再現。


ここに住んでいた貴族たちの優雅な暮らしぶりと、その下働きをしていた人々の様子が真に迫っていて見応えたっぷり。さすがタッソーグループ、蝋人形の出来栄えが秀逸です。


1aruwar4.jpg


スタッフさんたちも皆、中世らしい装束に身を包んでいて雰囲気満点。中庭では役者さんによるユーモラスな寸劇も行われ、子供たちにも楽しめる工夫がいっぱいです。


1aruwar10.jpg


もちろん本物の古城なので、武器や衣類などさまざまな遺物を展示した博物館も大充実。また巨大な投石器のレプリカの迫力には、思わず歓声を上げること請け合いです!


1aruwar6.jpg


6月と7月はバラの季節でもあります。かつて貴婦人たちが愛でた庭園も、ぜひ観賞してくださいね。


1aruwar8.jpg

1aruwar7.jpg


庭園内には孔雀も何羽か放し飼いにされていて、孔雀の形をしたトピアリーが微笑みを誘いますねー♪


1aruwar9.jpg


ショップではさまざまな中世グッズを中心に、この古城ならではのおみやげが揃っています。カッコいい騎士のコスチュームも人気アイテム。


ロンドンからウォーリック駅までは電車で1時間30分くらい。駅前からは路線バス16番(Hatton Park行き)に乗ればウォーリック城に停まります。


大人も子供も1日たっぷり楽しめるウォーリック城で、中世にタイムトリップしてみませんか?!


■ウォーリック城(Warwick Castle)
・住所: Warwick CV34 4QU
・電話: +44-1926-406610
公式ウェブサイト


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

小野 雅子

イギリス・ロンドン特派員の小野 雅子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

イギリスイギリス/ロンドン特派員
名前:小野 雅子

小野 雅子

在英25年。ロンドンでの会社員生活をセミリタイアし、イングランド西部とロンドン、娘ファミリーが住むヨークシャー、相方の実家のギリシャ・アテネを往復する日々。初めてイギリスへいらっしゃる方にも分かりやすいロンドン観光情報を中心に、イギリスやヨーロッパの情報もご案内いたします。個人ブログ「ロンパラ!」はこちら♪(以前はヒースロー特派員DISQUS ID @disqus_4TucldK0iv

ロンドン特派員トップにもどる

その他のイギリスの特派員

ロンドンを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ロンドン特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > イギリス > ロンドン特派員 > 大人も子供も楽しめる、ウォーリック城で中世にタイムトリップ!

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について