トップ > ヨーロッパ > イギリス > ロンドン特派員 > 中世の古都ヨークで猫オブジェ探し!ヨーク・キャット・トレール

イギリスイギリス/ロンドン特派員ブログ

中世の古都ヨークで猫オブジェ探し!ヨーク・キャット・トレール

カテゴリー:イベント・行事・お祭り / 文化・芸術・美術 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2021年5月24日

古代ローマ人や北欧バイキング族も住んでいたヨーク。14世紀の城壁が旧市街を取り囲み、ハリーポッターのダイアゴン横丁のような家並みシャンブルズ、荘厳な大聖堂など見どころの多い町です。


1arucatyork1.jpg


そんなヨークで、ちょっと変わった町歩きを楽しみたい方におすすめしたいのが「ヨーク・キャット・トレール」です。町なかにある建物の壁や屋根、窓辺にあしらわれた猫のオブジェを探すという趣向で、その数は21匹!


1arucatyork.jpg


たとえば、この建物。一見どこにも猫がいるように見えないのですが......。


1arucatyork1a.jpg


実は↑ここ。この猫オブジェたちは実物大または実物よりやや小さめサイズなので、予想以上に探すの難しい......それだけに見つけると達成感あります!笑


1arucatyork2.jpg


この猫オブジェたち、そもそもの始まりは1920年代。ひとりの遊び心ある地主が、自ら所有する建物の外壁に猫のオブジェを取りつけました。ユーモラスなその姿が話題になり、やがて同様の猫オブジェが増えていったという経緯です。


1arucatyork3.jpg


それにしても屋根など高いところにあるものも多く、なかなか探すのはたいへん。でも記事末尾にあるリンクで地図をダウンロードできますし、一部のおみやげ屋さんや観光インフォメーションセンターで地図つきチラシを配布しているところもあります。


1arucatyork6.jpg

1arucatyork4.jpg


町角で待ち受けている猫たちの中には、現代アートっぽい猫もいるし......。


1arucatyork5.jpg


幽霊が出るという噂のあるパブでは、猫もお化け(?)だったり。楽しい猫探し散歩、ヨーク市街観光の合間にチャレンジしてみてくださいね!


York Cat Trail(VisitYork)
地図のダウンロードはこちら

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

小野 雅子

イギリス・ロンドン特派員の小野 雅子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

イギリスイギリス/ロンドン特派員
名前:小野 雅子

小野 雅子

在英25年。ロンドンでの会社員生活をセミリタイアし、イングランド西部とロンドン、娘ファミリーが住むヨークシャー、相方の実家のギリシャ・アテネを往復する日々。初めてイギリスへいらっしゃる方にも分かりやすいロンドン観光情報を中心に、イギリスやヨーロッパの情報もご案内いたします。個人ブログ「ロンパラ!」はこちら♪(以前はヒースロー特派員DISQUS ID @disqus_4TucldK0iv

ロンドン特派員トップにもどる

その他のイギリスの特派員

ロンドンを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ロンドン特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > イギリス > ロンドン特派員 > 中世の古都ヨークで猫オブジェ探し!ヨーク・キャット・トレール

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について