トップ > ヨーロッパ > イギリス > ロンドン特派員 > ビスケットだけじゃない?! 故フィリップ殿下とエリザベス女王のウェディングケーキも手がけたマクヴィティ―社

イギリスイギリス/ロンドン特派員ブログ

ビスケットだけじゃない?! 故フィリップ殿下とエリザベス女王のウェディングケーキも手がけたマクヴィティ―社

カテゴリー:ショッピング・雑貨・お土産 / レストラン・料理・食材 投稿日:2021年4月10日

マクヴィティ―の「ダイジェスティヴ・ビスケット」は、日本でもすっかりおなじみですよね!


25march.jpg


そのままお茶請けにするだけでなく、チーズケーキの土台にしたりアイスクリームやチョコと合体させたり......。シンプルなだけに、応用範囲の広さが人気のある理由でしょう。


このビスケットを生んだマクヴィティ―社は、スコットランドのエディンバラで1830年に創業した老舗メーカー。でも「ダイジェスティヴ・ビスケット」が誕生したのは、それから約60年後でした。


当時まだ新人社員だったアレクサンダー・グラントという青年が考案したビスケットで、豊富に使用したベーキングソーダが当時は消化(ダイジェスチョン)を助けると考えられていたため、ダイジェスティヴ(消化によい)ビスケットと名づけられたのです。


25march2.jpg


そのあとも1925年には「チョコレート・ダイジェスティヴ」、そしてほかにもさまざまなビスケットやケーキを生産するようになりました。


ケーキといえば、昨日惜しくも崩御されたフィリップ殿下とエリザベス女王(当時はまだプリンセス)のウェディングケーキも、この会社が制作を担当。


また2011年にウィリアム王子が結婚式2次会で供したケーキも、同社の「リッチティー」というビスケット1700枚と17kgのチョコレートを使ったケーキだったそうです。


25march1.jpg


王室との関係も深いマクヴィティ―社は、もちろん女王陛下から王室御用達に指定されています。


25march3.jpg


現在日本で販売されているのは「ダイジェスティヴ・ビスケット」「シンズ」「二ブルズ」ですが、本国イギリスでは「ホブノブズ」や「ジャファケーキ」など人気製品が多種多様。スーパーで手軽に買えるイギリス土産におすすめです!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

小野 雅子

イギリス・ロンドン特派員の小野 雅子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

イギリスイギリス/ロンドン特派員
名前:小野 雅子

小野 雅子

在英25年。ロンドンでの会社員生活をセミリタイアし、イングランド西部とロンドン、娘ファミリーが住むヨークシャー、相方の実家のギリシャ・アテネを往復する日々。初めてイギリスへいらっしゃる方にも分かりやすいロンドン観光情報を中心に、イギリスやヨーロッパの情報もご案内いたします。個人ブログ「ロンパラ!」はこちら♪(以前はヒースロー特派員DISQUS ID @disqus_4TucldK0iv

ロンドン特派員トップにもどる

その他のイギリスの特派員

ロンドンを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ロンドン特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > イギリス > ロンドン特派員 > ビスケットだけじゃない?! 故フィリップ殿下とエリザベス女王のウェディングケーキも手がけたマクヴィティ―社

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について