トップ > ヨーロッパ > イギリス > ロンドン特派員 > キットカットは、社員の意見箱から生まれた商品!

イギリスイギリス/ロンドン特派員ブログ

キットカットは、社員の意見箱から生まれた商品!

カテゴリー:イベント・行事・お祭り / ショッピング・雑貨・お土産 / レストラン・料理・食材 投稿日:2021年2月11日

イギリス生まれのキットカットは、今や日本でもロングセラーのヒット商品として不動の人気ですよね! その誕生秘話は、ある労働者が意見箱に入れたリクエストに始まるのです。

1arukitkat.jpg


それは1935年のこと。イングランド北部ヨークシャー州ヨークにあった菓子メーカー「ローントリ―(Rowntree)」社の工場で働いていたひとりの労働者が、意見箱に投書したのがきっかけ。


その投書に書かれていたのは「ランチボックスに入れられる手軽なスナック菓子があれば便利」という社員の声。そこで開発されたのが、ウエハースをチョコでくるんだキットカットなのです!


当初の商品名は「ローントリ―ズ・チョコレート・クリスプ」でしたが、その2年後には「キットカット・チョコレート・クリスプ」に改名。さらに大戦後の1942年には現在の「キットカット」となり、また後年はネスレ社傘下となりました。


イギリスで販売されているキットカットはオリジナルのほかにオレンジやミント、ビター、キャラメル、ピーナッツバターなど。日本に比べるとフレーバーの種類は少ないけれど、季節によっては期間限定品も出てきます。

1arukitkat2.jpg


ちょうどいまは春のイースター(キリスト教の復活祭)を控えているため、スーパーなど小売店にはイースター向けキットカットが出回っています。イースターの象徴である、卵やウサギをかたどったもの。


1arukitkat3.jpg


とくにウサギ型のキットカットは小袋入りで、お値段も£1前後と手頃です。イギリス生まれのキットカット、日本にはないタイプの商品を見かけたらおみやげにどうぞ!


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

小野 雅子

イギリス・ロンドン特派員の小野 雅子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

イギリスイギリス/ロンドン特派員
名前:小野 雅子

小野 雅子

在英25年。ロンドンでの会社員生活をセミリタイアし、イングランド西部とロンドン、娘ファミリーが住むヨークシャー、相方の実家のギリシャ・アテネを往復する日々。初めてイギリスへいらっしゃる方にも分かりやすいロンドン観光情報を中心に、イギリスやヨーロッパの情報もご案内いたします。個人ブログ「ロンパラ!」はこちら♪(以前はヒースロー特派員DISQUS ID @disqus_4TucldK0iv

ロンドン特派員トップにもどる

その他のイギリスの特派員

ロンドンを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ロンドン特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > イギリス > ロンドン特派員 > キットカットは、社員の意見箱から生まれた商品!

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について