トップ > ヨーロッパ > イギリス > ロンドン特派員 > 北イングランドのスカボロー、アン・ブロンテのお墓と「パラダイス」を訪ねて

イギリスイギリス/ロンドン特派員ブログ

北イングランドのスカボロー、アン・ブロンテのお墓と「パラダイス」を訪ねて

カテゴリー:文化・芸術・美術 / 自然・風景 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2020年12月 1日

今夏は娘ファミリーが住む北イングランドのヨークシャーに、しばらく滞在していました。夏季だったので海辺の町スカボローにもたびたび行き、のんびり楽しく過ごすことができました。


そんなある日、スカボロー・ビーチから30分ほどで行ける丘の上まで歩いてみることに。中世の古城が残り、また丘の上から眺める海も美しく、いい散策でした。


1arukikatabronte.jpg


スカボロー城のすぐ近くには、これまた14世紀に建てられたという古い教会が。


1arukikatabronte1.jpg


これはセント・メアリーズ・チャーチ(聖マリア教会)。教会そのものを見ても、14世紀に建てられただけあって威厳に満ちているのですが......ここはブロンテ姉妹の末っ子、アン・ブロンテのお墓があることで有名なんですよ。


1arukikatabronte2.jpg


ブロンテ一家は彼女以外の全員が、一家で暮らしていた町ハワースの教会に埋葬されたのですが、アンだけは療養のため滞在していたスカボローで亡くなったからです。当時(1800年代中期)は衛生的な輸送技術もなく、仕方なかったのでしょう。


とはいえ後年ここから分骨して、いまは家族が永眠するハワースの教会床下にも埋葬されているそうです。仲のよかった姉たちと一緒で、きっとアンも喜んでいると思います。


1arukikatabronte3.jpg


将来このお墓を訪ねてみたい方に、ひとつ小さなアドバイス。彼女のお墓は教会に近いほうの墓地ではなく、こうして道を隔てたほうの墓地にあるんですよ。


駐車場にも隣接しているのでそちら側に行き、上の画像で何人かの人がいるところの右手に、アン・ブロンテのお墓があります。


1arukikatabronte4.jpg


また、教会から海に面した方角を見やると......「パラダイス」と名づけられた一角が。


1arukikatabronte5.jpg


1arukikatabronte6.jpg


凪いだ海がキラキラ光る、心休まる風景が広がります。この墓地に眠る故人をしのび、愛した人の魂がいまは楽園にいると信じて......そんな想いが伝わってきます。


ブロンテ姉妹の小説と同じく、美しくてちょっと哀しい「パラダイス」です。


■セント・メアリーズ・チャーチ(St Mary's Church)
・住所: 168 Castle Rd, Scarborough YO11 1HY
公式ウェブサイト

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

小野 雅子

イギリス・ロンドン特派員の小野 雅子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

イギリスイギリス/ロンドン特派員
名前:小野 雅子

小野 雅子

在英25年。ロンドンでの会社員生活をセミリタイアし、イングランド西部とロンドン、娘ファミリーが住むヨークシャー、相方の実家のギリシャ・アテネを往復する日々。初めてイギリスへいらっしゃる方にも分かりやすいロンドン観光情報を中心に、イギリスやヨーロッパの情報もご案内いたします。個人ブログ「ロンパラ!」はこちら♪(以前はヒースロー特派員DISQUS ID @disqus_4TucldK0iv

ロンドン特派員トップにもどる

その他のイギリスの特派員

ロンドンを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ロンドン特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > イギリス > ロンドン特派員 > 北イングランドのスカボロー、アン・ブロンテのお墓と「パラダイス」を訪ねて

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について