トップ > ヨーロッパ > イギリス > ロンドン特派員 > オスカー・ワイルドが同性愛嫌悪の嫌がらせを受けた場所・クラパムジャンクション駅

イギリスイギリス/ロンドン特派員ブログ

オスカー・ワイルドが同性愛嫌悪の嫌がらせを受けた場所・クラパムジャンクション駅

カテゴリー:文化・芸術・美術 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2020年11月24日

オスカー・ワイルドという作家をご存知ですか? 彼の作品群でとくに有名な小説『ドリアン・グレイの肖像』や、児童向けのお話『幸福の王子』を読んだことのある人は少なくないと思います。


そんなワイルドに関する記念プレートが、ロンドンのクラパム・ジャンクション駅に掲げてあるんですよ。


1aruoscar3.jpg


プレートに書かれているのは、以下の内容。


オスカー・ワイルド
1854-1900年

才能に恵まれた劇作家かつ詩人オスカー・ワイルドは1895年11月20日の午後2時~2時半頃、ワンズワース刑務所からレディングゴール刑務所に移管される途中、この駅で同性愛嫌悪者らによる嫌がらせを受けました。


1aruoscar2.jpg


このプレートがワンズワースLGBTQ+フォーラムとネットワークレールらの共同で取りつけられたのは昨年の夏、2019年7月のことです。


1aruoscar1.jpg


いまのイギリスでは信じられませんが、オスカー・ワイルドの時代には同性愛行為は犯罪。


2年間の刑期を言い渡されたワイルドは手錠をかけられて移管されるとき、この駅で大衆に囲まれてしまい、非難や怒号を浴びせられたり唾を吐かれたり......そのひどさに、彼は泣き崩れたと伝えられています。


1aruoscar.jpg


これが掲げられているのは、10番プラットフォーム。オスカー・ワイルドのファンだけでなく、LGBTQに賛同・共鳴する人々にとっては大きな意味のある記念プレートだと思います。


乗換えに利用する場合も多いクラパム・ジャンクション駅。もし次回行くことがあったら、この10番プラットフォームにも立ち寄ってみませんか?


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

小野 雅子

イギリス・ロンドン特派員の小野 雅子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

イギリスイギリス/ロンドン特派員
名前:小野 雅子

小野 雅子

在英25年。ロンドンでの会社員生活をセミリタイアし、イングランド西部とロンドン、娘ファミリーが住むヨークシャー、相方の実家のギリシャ・アテネを往復する日々。初めてイギリスへいらっしゃる方にも分かりやすいロンドン観光情報を中心に、イギリスやヨーロッパの情報もご案内いたします。個人ブログ「ロンパラ!」はこちら♪(以前はヒースロー特派員DISQUS ID @disqus_4TucldK0iv

ロンドン特派員トップにもどる

その他のイギリスの特派員

ロンドンを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ロンドン特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > イギリス > ロンドン特派員 > オスカー・ワイルドが同性愛嫌悪の嫌がらせを受けた場所・クラパムジャンクション駅

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について