トップ > ヨーロッパ > イギリス > ロンドン特派員 > ロックダウン後に再開したV&A美術館:注意すべき変更事項など

イギリスイギリス/ロンドン特派員ブログ

ロックダウン後に再開したV&A美術館:注意すべき変更事項など

カテゴリー:お知らせ / 文化・芸術・美術 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2020年10月10日

新型コロナによるロックダウンが緩和され始めた昨夏より、徐々に再オープンをし始めたロンドンの美術館&博物館。そのなかでも人気のあるもののひとつが、ヴィクトリア&アルバート美術館(通称V&A)です。


いまも通常展示は入場無料ですが、いくつか大きな変更点があるので簡潔に説明しますね。

1arukivam6.jpg


1)まずは開館日時。以前は週7日の毎日オープンでしたが、現在は月火水は休館です。木~日までの週4日間、11:00〜19:00の開館時間となりました。


2)いまも通常展示は無料のままですが、入館人数を制限するために事前オンライン予約が必要。予約は当記事末尾にあるリンクからどうぞ。予約が完了するとチケットがEメールされるので、当日はそれをスマホなどで見せるか、印刷したものを持参します。

1arukivam1.jpg


3)入場者と退場者で出入口を共有しないように、それぞれ分けられました。現在の入口はエキジビション・ロードに面したところ、そしてクロムウェル・ロードに面した方は出口専用になっています。


4)大英博物館やナショナルギャラリーでは館内でも一方通行の見学ルートが設定されましたが、V&Aは館内では各自の好きな順番で見学できます。ただし一部の展示室(とくに狭くて三密になりがちな部屋など)は閉鎖中です。

1arukivam2.jpg


5)館内随所に手の除菌ジェルディスペンサーが設置されました。もちろん館内すべてマスク装着です。


1arukivam3.jpg

6)屋内にあるカフェは休業中。これはコロナ感染予防を万全にするため大がかりな改修工事をしているため。中庭にあるカフェのみ営業しています。

1arukivam4.jpg


以上、ニューノーマルの基準に合わせたV&A美術館のご案内でした!


1arukivam5.jpg


■ヴィクトリア&アルバート美術館、詳細と入場予約はこちらのリンクからどうぞ。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

小野 雅子

イギリス・ロンドン特派員の小野 雅子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

イギリスイギリス/ロンドン特派員
名前:小野 雅子

小野 雅子

在英25年。ロンドンでの会社員生活をセミリタイアし、イングランド西部とロンドン、娘ファミリーが住むヨークシャー、相方の実家のギリシャ・アテネを往復する日々。初めてイギリスへいらっしゃる方にも分かりやすいロンドン観光情報を中心に、イギリスやヨーロッパの情報もご案内いたします。個人ブログ「ロンパラ!」はこちら♪(以前はヒースロー特派員DISQUS ID @disqus_4TucldK0iv

ロンドン特派員トップにもどる

その他のイギリスの特派員

ロンドンを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ロンドン特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > イギリス > ロンドン特派員 > ロックダウン後に再開したV&A美術館:注意すべき変更事項など

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について