トップ > ヨーロッパ > イギリス > ロンドン特派員 > ロックダウン後に再開したナショナル・ギャラリー、現在の注意点は?

イギリスイギリス/ロンドン特派員ブログ

ロックダウン後に再開したナショナル・ギャラリー、現在の注意点は?

カテゴリー:お知らせ / 文化・芸術・美術 / 治安・渡航安全情報 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2020年10月26日

新型コロナウイルスによるロックダウンで2020年3月下旬に休館となってから、111日後。2020年7月8日から一般公開を再開したロンドン有数の美術館ナショナル・ギャラリーに行ってきました。


1arukinationalg.jpg


そこで特に実感した、「with コロナ」の現在における状況をお伝えしたいと思います。


1)まず必須なのは、事前オンライン予約。常設展示はすべて無料なのは変わりませんが、希望日時のスロットをウェブ予約するとQRコード付きのチケットがEメールで送付されます。入館時にはそれを提示。
オンライン予約はこちらのリンク からどうぞ。


2)館内ではマスク装着が義務づけられています。またソーシャルディスタンスを守り、館内各所に設置された手の除菌ジェルステーションを利用するよう留意しましょう。


3)クロークは閉鎖中につき、小型バッグ以外は宿泊施設や自宅に置いておくこと。長い傘も持ちこめなくなりましたので、傘を携帯したい場合は必ず折り畳み式のものを。館内ではバッグの中に入れます。

1arukinationalg2.jpg


4)館内の一方通行を徹底するため入口は従来の正面入口ではなく、正面に向かって左側にあるセインズベリー・ウィング入口になりました。


1arukinationalg1.jpg


5)同じく館内一方通行の一助として、3通りの見学ルートを設定。入館すると目前に、Aルート・Bルート・Cルートそれぞれを代表するアーティスト名と必要所用時間が掲示されています。たとえばAコースには「ベリーニ、ボッティチェリ、ミケランジェロetc.の作品があり、さくっと回ったら25分かかる」という具合。


なお現在の開館時間は、以下のとおりです。


土曜日~木曜日 10:00〜18:00
金曜日のみ 10:00〜21:00
休館日: 12月24~26日、1月1日

1arukinationalg4.jpg

また現在は、特別エキジビションの「ティツィアーノ展」も開催中。こちらは有料(£12.00)で、2021年1月17日までです。ウイルス感染予防に配慮されたナショナル・ギャラリーで、安全に芸術鑑賞してくださいね!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

小野 雅子

イギリス・ロンドン特派員の小野 雅子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

イギリスイギリス/ロンドン特派員
名前:小野 雅子

小野 雅子

在英25年。ロンドンでの会社員生活をセミリタイアし、イングランド西部とロンドン、娘ファミリーが住むヨークシャー、相方の実家のギリシャ・アテネを往復する日々。初めてイギリスへいらっしゃる方にも分かりやすいロンドン観光情報を中心に、イギリスやヨーロッパの情報もご案内いたします。個人ブログ「ロンパラ!」はこちら♪(以前はヒースロー特派員DISQUS ID @disqus_4TucldK0iv

ロンドン特派員トップにもどる

その他のイギリスの特派員

ロンドンを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ロンドン特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > イギリス > ロンドン特派員 > ロックダウン後に再開したナショナル・ギャラリー、現在の注意点は?

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について