トップ > ヨーロッパ > イギリス > ロンドン特派員 > 【新型コロナウィルス】徐々に規制緩和を始めたイギリス(2020年6月2日現在)

イギリスイギリス/ロンドン特派員ブログ

【新型コロナウィルス】徐々に規制緩和を始めたイギリス(2020年6月2日現在)

カテゴリー:お知らせ / 治安・渡航安全情報 投稿日:2020年6月 2日

3月23日に始まり2ヵ月以上続いたイギリスでの外出自粛、いわゆるロックダウン。最近では新しい感染者が減少してきたことと、またビジネスなど各方面からの要望が増してきたこともあり、6月1日より徐々に規制緩和が始まりました。


内容は連合王国を形成する4国(イングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランド)によって多少違うのですが、当記事ではロンドンを擁するイングランドに絞ります。


1camden.jpg


6月1日から規制緩和された内容のうち、おもだった点は以下のとおり。


*同居していない人同士であっても、屋外にて6名までならば集うことが可能。ただし2mのソーシャルディスタンスは順守する。


*上記のルールを守れば、屋外にてサッカー、クリケット、テニスなどのスポーツをしてもよい。


*観客を入場させなければプロスポーツ競技を開催してもよい(実際6月1日にはニューキャッスル競馬場にて競馬が開催されました)。


*小学校は学齢がレセプション、イヤー1、イヤー6ならば再開可。


*屋外マーケットや車のショールームなどは再開可。


以上のような変更を受け、すでにカムデン・マーケットなどロンドンの主要屋外マーケットも再開が始まりました。もちろん引き続きソーシャルディスタンス順守、お店側でもさまざまな工夫が必要です。


また屋外公園としても人気の高いキュー王立植物園、通称キューガーデンも6月1日より再開。人数制限のため事前ウェブ予約者のみ入園となります。


しかしながら規制緩和によって感染状況が逆戻りしたら、方策Uターンもあり得ること。これからも感染予防のための諸注意を各人が怠らないようにすることが、ますます肝要になってきたイギリスです。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

小野 雅子

イギリス・ロンドン特派員の小野 雅子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

イギリスイギリス/ロンドン特派員
名前:小野 雅子

小野 雅子

在英25年。ロンドンでの会社員生活をセミリタイアし、イングランド西部とロンドン、娘ファミリーが住むヨークシャー、相方の実家のギリシャ・アテネを往復する日々。初めてイギリスへいらっしゃる方にも分かりやすいロンドン観光情報を中心に、イギリスやヨーロッパの情報もご案内いたします。個人ブログ「ロンパラ!」はこちら♪(以前はヒースロー特派員DISQUS ID @disqus_4TucldK0iv

ロンドン特派員トップにもどる

その他のイギリスの特派員

ロンドンを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ロンドン特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > イギリス > ロンドン特派員 > 【新型コロナウィルス】徐々に規制緩和を始めたイギリス(2020年6月2日現在)

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について