トップ > ヨーロッパ > イギリス > ロンドン特派員 > 【新型コロナウイルス】イギリスでの予防法、最優先は手の消毒

イギリスイギリス/ロンドン特派員ブログ

【新型コロナウイルス】イギリスでの予防法、最優先は手の消毒

カテゴリー:お知らせ / 治安・渡航安全情報 投稿日:2020年3月 8日

こんにちは、本日もイギリスでの新型コロナウイルスに関する情報をお届けします。2020年3月8日現在イギリス国内での感染者は273名(うち死亡者2名)となり、依然として感染は拡大傾向にあります。そこでイギリス政府は、どのような予防策を国民に呼びかけているのでしょうか?


まず元来、イギリスでは公共の場所でマスクをする習慣がありません。医療機関や特殊な建設現場、排気ガスを懸念するサイクリストなど、特殊な場合のみマスクを着用するのが一般的でした。そして新型コロナウイルスCOVID-19の感染が心配される現在でも、やはり町なかでマスクを着けている人はほとんど見かけないのが現状です。

5mar2.jpg

さすがに最近では混み合うロンドン地下鉄やバスを利用する通勤者や旅行者の間では、ごくたまにマスク姿を見かけるようになったものの、やはり「珍しい事態」のため新聞やニュースのトップ画像に使われるほど。


そんなイギリスの国民医療機関NHSが感染予防のため推奨しているのは、徹底的な手洗いと手の消毒です。とくに外出中は頻繁に、もちろん帰宅後も、石けんとお湯で指先から手首までの全体を20秒間かけて徹底的に洗うように!という指導。


また携帯用の手の除菌ジェルも、アルコール分が70%以上あれば有効としています。しかしながら現在ではイギリスでも手の消毒ジェル(Hand Sanitary Gel)は、どの店でも売切れ状態。医療用アルコールや保湿ローションなどを配合して手作りする人も多く、何を隠そう筆者もそのひとりです。


そして咳やクシャミをする場合にはティシューを使い、使用後は必ずゴミ箱に捨てて菌の拡散を防ぐこと。その意味でハンカチ使用は推奨されていません。


なおマスク装着に関しては、患者との応対ごとに新しいマスクに付け替える医療関係者には有効ながら、同じマスクを1日中使用する傾向のある一般人にはあまり予防効果がないとしています。有効なのは咳などの症状がある本人が装着する場合であり、その飛沫を周囲に飛び散らさないという効果は認められています。


いずれにしても元来マスクの需要が少ないのもあり、こちらも薬局などで売り切れ状態になっているのが、最近のイギリスです。


イギリス国民医療機関NHSによるCOVID-19公式Webサイト: https://111.nhs.uk/covid-19


〈地球の歩き方編集室よりお願い〉
海外に渡航する場合は、渡航先、経由先の国がビザ発給や入国の制限をしていないか必ずご確認ください。状況、環境は日々変化しますので予告なしに入国制限などが実施されることも予想されます。最新情報、情報の詳細は下記などを参考に必ず各自でご確認ください。


外務省海外安全ホームページ


厚生労働省:新型コロナウイルス感染症について

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

小野 雅子

イギリス・ロンドン特派員の小野 雅子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

イギリスイギリス/ロンドン特派員
名前:小野 雅子

小野 雅子

在英25年。ロンドンでの会社員生活をセミリタイアし、イングランド西部とロンドン、娘ファミリーが住むヨークシャー、相方の実家のギリシャ・アテネを往復する日々。初めてイギリスへいらっしゃる方にも分かりやすいロンドン観光情報を中心に、イギリスやヨーロッパの情報もご案内いたします。個人ブログ「ロンパラ!」はこちら♪(以前はヒースロー特派員DISQUS ID @disqus_4TucldK0iv

ロンドン特派員トップにもどる

その他のイギリスの特派員

ロンドンを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ロンドン特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > イギリス > ロンドン特派員 > 【新型コロナウイルス】イギリスでの予防法、最優先は手の消毒

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について