トップ > ヨーロッパ > イギリス > ロンドン特派員 > 【新型コロナウイルス】イギリスの現況&政府の方針(2020年3月13日現在)

イギリスイギリス/ロンドン特派員ブログ

【新型コロナウイルス】イギリスの現況&政府の方針(2020年3月13日現在)

カテゴリー:お知らせ / 治安・渡航安全情報 投稿日:2020年3月13日

イギリスでもいまだに衰える兆候のない新型コロナウイルスCOVID-19。本日2020年3月13日現在での国内感染者数は798名(うち死亡者11名)と、ついに日本国内での感染者数(ダイアモンド・プリンセス号やチャーター便を除く)を超えてしまいました。


また上記の数字は検査を受けた人々の結果にすぎず、自覚症状があまりないため検査をしていないが実は感染している人は1万人を超える可能性があるという専門家もいます。


5mar4.jpg


イギリス政府は現在の状況について、もはやウイルス拡散の阻止ではなく感染ピークを遅らせることに重点が置くことを発表。国民には「咳や高熱のある者(新型コロナウイルスと診断されなくとも)はすべて、最低1週間の自宅待機をする」よう指導しています。


なぜ感染ピークを遅らせることを重視するかというと、まず例年より国民医療機関(ナショナルヘルスサービス:通称NHS)の繁忙期が冬そして春先まで続くため。現状のままだと1ヵ月後に感染ピークに達するとの推測があり、それを6月ごろまで引き延ばせれば病床数などの施設や人員数という点において多少なりとも対応しやすくなるという見解です。


なお隣国アイルランド共和国では学校や公共施設の閉鎖に踏み切りましたが、イギリスは今のところ公立校の休校などは行われていません。休校によって感染数を15%減らすには最短でも13週が必要という試算もあり、また若年層は比較的このウイルスで重症にならないこと、そして休校によって共働きの両親が子供を祖父母(高齢者でハイリスク層)に預ける事態も望ましくないことなどが、イギリス政府の論拠となっています。


また大勢の観客が詰めかけるスポーツイベントに関しても、現時点ではイギリス政府は禁止していません。もしそのような措置をするとパブのような小さい室内に観戦者が集い、かえって逆効果だとしています。とはいえ各団体が自主的に中止や延期を発表しており、本日はついにサッカーのプレミアリーグが4月上旬まで中断することを決定しました。


まだ未知の要因が多いウイルスだけに専門家の推測もさまざまな見解があり、試行錯誤しながら進んでいる状態です。


イギリス国民医療機関NHSによるCOVID-19公式Webサイト
https://111.nhs.uk/covid-19


〈地球の歩き方編集室よりお願い〉
海外に渡航する場合は、渡航先、経由先の国がビザ発給や入国の制限をしていないか必ずご確認ください。状況、環境は日々変化しますので予告なしに入国制限などが実施されることも予想されます。最新情報、情報の詳細は下記などを参考に必ず各自でご確認ください。


外務省海外安全ホームページ


厚生労働省:新型コロナウイルス感染症について

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

小野 雅子

イギリス・ロンドン特派員の小野 雅子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

イギリスイギリス/ロンドン特派員
名前:小野 雅子

小野 雅子

在英25年。ロンドンでの会社員生活をセミリタイアし、イングランド西部とロンドン、娘ファミリーが住むヨークシャー、相方の実家のギリシャ・アテネを往復する日々。初めてイギリスへいらっしゃる方にも分かりやすいロンドン観光情報を中心に、イギリスやヨーロッパの情報もご案内いたします。個人ブログ「ロンパラ!」はこちら♪(以前はヒースロー特派員DISQUS ID @disqus_4TucldK0iv

ロンドン特派員トップにもどる

その他のイギリスの特派員

ロンドンを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ロンドン特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > イギリス > ロンドン特派員 > 【新型コロナウイルス】イギリスの現況&政府の方針(2020年3月13日現在)

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について