トップ > ヨーロッパ > イギリス > ロンドン特派員 > ユニークな企画展「ピカソ&ペーパー」がロンドンの【王立芸術学院】で開催中!

イギリスイギリス/ロンドン特派員ブログ

ユニークな企画展「ピカソ&ペーパー」がロンドンの【王立芸術学院】で開催中!

カテゴリー:お知らせ / 文化・芸術・美術 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2020年2月25日

王立芸術学院(ロイヤルアカデミー・オヴ・アーツ)はロンドンのメイフェア地区にある、イギリス芸術界の中心的存在。多くのアーティストがここで学び、また後続の指導に情熱を注いでいます。また一般市民への芸術振興も大きな役割なので常設展示は無料公開。観光者でも気軽に入れます。

1arupicasso.jpg

いっぽう有料の特別展も随時さまざまな企画を行っており、今回ご案内する「ピカソ&ペーパー」もそのひとつ。2020年1月25日にスタートした本展は同年4月13日まで開催しているので、春休みにロンドン旅行する方にもいいですね!

1arupicasso1.jpg

本展のタイトルが示す通り、ピカソと紙の関係に迫るというユニークな構成です。たとえば上の絵画を作成するにあたり......。

1arupicasso2.jpg

このようなスケッチを何枚も、作品によっては何十枚も繰り返したピカソ。またそれらスケッチだけでなく小さな紙切れに至るまで徹底的に保存していたため、絵画や彫刻をはじめとする作品制作の行程をうかがい知ることができるのです。

1arupicasso3.jpg

また「紙」という素材の多様性と無限な可能性にも惹かれていたピカソは、あらゆる材質の紙(身近な古新聞や壁紙から、ときには高価な日本の和紙を購入してまで!)を駆使したコラージュや立体作品も数多く残しています。

1arupicasso4.jpg


1arupicasso5.jpg

こちらに展示されているのは、丈夫な紙で制作した前衛的なバレエ衣装。傍らのモニターではその衣装を身に着けて踊るバレエ公演の様子が映し出され、20世紀を代表する奇才ピカソの精力的な創作欲につくづく驚くばかりです。

1arupicasso6.jpg

まるで子供がハサミ遊びで作ったようにシンプルな切り抜きも! 天才、奇才とパブロ・ピカソを形容する言葉はたくさんありますが、絵画をはじめ「創作すること」が好きで好きでしょうがなかった人......という一面を見たような気がします。

1arupicasso7.jpg

彼の並々ならぬパワーの源を垣間見るような企画展「ピカソ&ペーパー」、かなりおすすめです!

■「ピカソ&ペーパー」展
・開催期間: 2020年1月25日~4月13日
・場所: Royal Academy of Arts, Burlington House, Piccadilly, London W1J 0BD
・チケット料金: 月~木は20ポンド、金土日は22ポンド
※ただし2020年3月31日から4月13日の最終2週間は毎日22ポンド(16歳未満は無料)
・王立芸術学院・公式サイト(英語): https://www.royalacademy.org.uk/


【記事中の画像については、王立芸術学院ご担当者の了承を得て掲載しております】

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

小野 雅子

イギリス・ロンドン特派員の小野 雅子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

イギリスイギリス/ロンドン特派員
名前:小野 雅子

小野 雅子

在英25年。ロンドンでの会社員生活をセミリタイアし、イングランド西部とロンドン、娘ファミリーが住むヨークシャー、相方の実家のギリシャ・アテネを往復する日々。初めてイギリスへいらっしゃる方にも分かりやすいロンドン観光情報を中心に、イギリスやヨーロッパの情報もご案内いたします。個人ブログ「ロンパラ!」はこちら♪(以前はヒースロー特派員DISQUS ID @disqus_4TucldK0iv

ロンドン特派員トップにもどる

その他のイギリスの特派員

ロンドンを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ロンドン特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > イギリス > ロンドン特派員 > ユニークな企画展「ピカソ&ペーパー」がロンドンの【王立芸術学院】で開催中!

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について