トップ > ヨーロッパ > イギリス > ロンドン特派員 > バース寺院で開催中・旧約聖書にインスパイアされたアート展「我が民を開放せよ」

イギリスイギリス/ロンドン特派員ブログ

バース寺院で開催中・旧約聖書にインスパイアされたアート展「我が民を開放せよ」

カテゴリー:お知らせ / イベント・行事・お祭り / 文化・芸術・美術 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2020年1月 8日

ロンドンからの日帰りツアーでもダントツ人気を誇る、町全体が世界遺産になっている古都バース。なかでもその名が示す古代ローマ人浴場跡の博物館と、隣接したバース寺院は必見です。


1abathabbey8.jpg


8世紀にベネディクト会士修道院として設立されて以来の歴史があり、現在では英国国教会の修道院。荘厳なゴシック様式の建物でありながら、この地方特有のやや黄色がかった石を使用しているため、どこか柔らかな雰囲気も併せ持ちます。


1abathabbey7.jpg

入口付近には各国語の案内リーフレットが並んでおり、日本語版もあるのはうれしいですよね!

1abathabbey.jpg

なお入場は基本的に無料ですが、少額でもお布施を寄付箱に入れると良いでしょう。寄付金は寺院の維持費や教会つき合唱団の資金などになります。特に建物の一部は12世紀からの古い箇所もあり、補修工事は常に必要で・・・。

1abathabbey9.jpg

↑これは一昨年に撮った写真ですが、2020年1月現在では左側に見える北の翼廊は補修工事中。それが今春に終わったら南の翼廊で工事が始まり、2021年まで続く予定です。防護壁に覆われ見えない部分があるのは少し残念ながら、すてきなアート展が開催されていますよ!

1abathabbey1.jpg

レット・マイ・ピープル・ゴー(Let My People Go))と題されたこの作品展は、バース在住アーティストのスー・サイモンズ氏によるもの。旧約聖書でヘブライ人モーゼが神から「我が民を開放せよ」と使命をうけ、同胞の奴隷たちをエジプトから連れ出す、出エジプト記の一節にちなみます。

1abathabbey2.jpg

展示されている作品はすべて旧約聖書からインスパイアされたもので、たとえばこちらは「天地創造」。

1abathabbey3.jpg


カリグラフィーとテキスタイルに主力をおくサイモンズ氏は、それぞれの題材を両方の手法で表現しています。特にオリジナリティ溢れる刺繍を多用したテキスタイルは、とても印象的。

1abathabbey4.jpg


1abathabbey5.jpg

他にも「アダムとイヴ」「ヤコブの梯子」「ノアの方舟」「カインとアベル」など、旧約聖書を読破していなくても知っているストーリーが取り上げられ、鮮やかな手法のテキスタイルとカリグラフィーを鑑賞できます。

1abathabbey6.jpg

このアート展は2020年10月1日まで開催中なので、これから春夏の観光シーズンに古都バースを訪問する方にはおすすめ。詳細はこちらの公式ウェブサイト をご覧くださいね!


*記事中の作品画像は、バース寺院ご担当者の了承を得て掲載しております*

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

小野 雅子

イギリス・ロンドン特派員の小野 雅子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

イギリスイギリス/ロンドン特派員
名前:小野 雅子

小野 雅子

ロンドン西郊外に住む会社員、職場はヒースロー空港周辺です。在英20年以上の経験値を発揮して、初めてイギリスへいらっしゃる方にも興味深く分かりやすいロンドン観光&生活ガイドとしてお役に立てれば…と思います。個人ブログ「ロンパラ!」はこちら♪以前はヒースロー特派員 DISQUS ID @disqus_4TucldK0iv

ロンドン特派員トップにもどる

その他のイギリスの特派員

ロンドンを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ロンドン特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > イギリス > ロンドン特派員 > バース寺院で開催中・旧約聖書にインスパイアされたアート展「我が民を開放せよ」

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について