トップ > ヨーロッパ > イギリス > ロンドン特派員 > ロンドンで上演中! アガサ・クリスティー原作『検察側の証人』

イギリスイギリス/ロンドン特派員ブログ

ロンドンで上演中! アガサ・クリスティー原作『検察側の証人』

カテゴリー:お知らせ / エンターテイメント・音楽・ショー / 文化・芸術・美術 / 自然・風景 投稿日:2019年10月25日

日本から来た友達からお誘いいただいて、現在ロンドンのカウンティホールで上演中の劇『検察側の証人』を観てみたところ・・・・・・。これが圧巻の舞台だったので、ぜひおすすめめしたいと思います!

1aruwitnes1.jpg

カウンティホールというと、このテムズ川に面した姿ならばご存知の方も多いと思います。大観覧車・ロンドンアイと並んで、白亜の建物が目を引きますよね。その名の通り昔は、ロンドン市行政の実務を執り行う役所のオフィスだったところ。

1aruwitnes.jpg

今では日系民間企業がオーナーとなりマリオットホテルや水族館、ロンドン・ダンジョン、ナムコワンダーランド等のアトラクションやレストランが入っており、毎日とてもにぎわっている観光スポットです。

1aruwitnes2.jpg

そして2017年から幕を開け、現在も好評ロングランを続けている舞台劇『検察側の証人』。劇場入口は、テムズ川から見てちょうど裏側にあたる静かなベルヴェデール・ロード沿いにあります。

1aruwitnes3.jpg

開場時刻となったら、この階段を上って劇場へ! 壁の所どころに昔の役職者名が刻んであったりして、さすが元お役所という面影を遺しているのが印象的です。

1aruwitnes4.jpg

こちら↓が劇場の中です。元は議場として使われていた特徴を最大限に活かしたステージングと客席が、お見事! 中央舞台で繰り広げられる劇を観る我々も、裁判の傍聴人として出廷しているようにアレンジされていて緊迫感たっぷり。

1aruwitnes5.jpg

劇は英語のみで演じられ、イヤホン同時通訳サービスなどはありません。もしヒヤリングに不安がある場合はアガサ・クリスティーの小説を読んでおくか、映画化されたものを見てから行くのも一案ですよ!(かくいう私も1957年にマレーネ・ディートリッヒが主演した映画を観た事あるクチです。笑)

1aruwitnes6.jpg

アガサ・クリスティーのファンならばもちろんの事、また舞台美術に興味のある方にもおすすめです!

検察側の証人(Witness for the Prosecution)
チケット購入などの詳細はカウンティホール劇場ウェブサイト をご覧ください。


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

小野 雅子

イギリス・ロンドン特派員の小野 雅子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

イギリスイギリス/ロンドン特派員
名前:小野 雅子

小野 雅子

ロンドン西郊外に住む会社員、職場はヒースロー空港周辺です。在英20年以上の経験値を発揮して、初めてイギリスへいらっしゃる方にも興味深く分かりやすいロンドン観光&生活ガイドとしてお役に立てれば…と思います。個人ブログ「ロンパラ!」はこちら♪以前はヒースロー特派員 DISQUS ID @disqus_4TucldK0iv

ロンドン特派員トップにもどる

その他のイギリスの特派員

ロンドンを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ロンドン特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > イギリス > ロンドン特派員 > ロンドンで上演中! アガサ・クリスティー原作『検察側の証人』

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について