トップ > ヨーロッパ > イギリス > ロンドン特派員 > 大英自然史博物館のカフェ&レストラン おすすめはココ!

イギリスイギリス/ロンドン特派員ブログ

大英自然史博物館のカフェ&レストラン おすすめはココ!

カテゴリー:お題 / レストラン・料理・食材 / 文化・芸術・美術 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2019年10月14日

ロンドンのサウスケンジントンにある、大英自然史博物館。入場無料なうえクリスマス前後にあたる12月24日・25日・26日の3日間をのぞけば年中無休(10:00-17:50)という便利さもあって、ロンドン観光に欠かせない名所のひとつです。


1arunatu.jpg


入場者を出迎える全長25メートル超のシロナガスクジラ骨格をはじめ、展示内容も世界に類を見ないほどの充実度。また進化論で有名なチャールズ・ダーウィンが遺した資料や遺品を見られるダーウィン・ルームも必見です。

1arunatu9.jpg


また建物自体もさながら芸術品のようで、広い館内をゆっくり鑑賞したいもの。見るべきものが多すぎて、あっという間に数時間は歩き回ってしまいます。


1arunatu1.jpg


そこで途中にランチやお茶!と休憩タイムも、お楽しみのひとつ。笑 とはいえすごく広い館内なので、カフェやレストランが5つもあるんですよ。

1arunatu4.jpg


「Tレックス・グリル」は恐竜の画像を所どころに配したファミレス風で、子供連れに人気。またサンドウィッチやサラダなどをカウンターから選べる「ザ・キッチン」、ケーキやパンと飲み物だけで良いならば「ザ・コーヒーハウス」、ダーウィン・ルーム近くのカフェテリア「ダーウィンセンター・カフェ」、そして私のお勧め「セントラル・カフェ」。

1arunatu2.jpg


何故このカフェをお勧めするかというと、大きな理由は2つ。まずこの内装!建物のオリジナリティが最大限に活かされていて、束の間ちょっと優雅な気持ちになりますよ♪


1arunatu3.jpg


天井に描かれた植物の絵を眺めているだけでも、19世紀イギリスで豊かに開花した自然科学の足跡を垣間見るようですね!


1arunatu8.jpg


そして、もう1つのお勧め理由がパンダのチーチー。かつてロンドン動物園で人気者だったチーチーは、世界自然保護基金(WWF)のシンボルとなったパンダのモデルと言われています。その彼女が剥製となってこのカフェの一角に座っています。


1arunatu7.jpg

この「セントラル・カフェ」では各種飲み物のほかにケーキやパン類、サンドウィッチ、パック入りサラダ、また恐竜イラストの紙箱に入ったお子様セットなども販売。中でも大ぶりスコーンと紅茶またはコーヒーがセットになった「クリームティー」は5.50ポンド、お手軽でお勧めです。

1arunatu6.jpg


ヴィクトリア&アルバート美術館や科学博物館もすぐ近くにあり、ミュージアム三昧のサウスケンジントン。ロンドンご滞在中にぜひお寄り下さいね!


住所:The Natural History Museum, Cromwell Road, London SW7 5BD
公式ウェブサイト(英語)


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

小野 雅子

イギリス・ロンドン特派員の小野 雅子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

おすすめ記事

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

イギリスイギリス/ロンドン特派員
名前:小野 雅子

小野 雅子

ロンドン西郊外に住む会社員、職場はヒースロー空港周辺です。在英20年以上の経験値を発揮して、初めてイギリスへいらっしゃる方にも興味深く分かりやすいロンドン観光&生活ガイドとしてお役に立てれば…と思います。個人ブログ「ロンパラ!」はこちら♪以前はヒースロー特派員 DISQUS ID @disqus_4TucldK0iv

ロンドン特派員トップにもどる

その他のイギリスの特派員

ロンドンを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ロンドン特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > イギリス > ロンドン特派員 > 大英自然史博物館のカフェ&レストラン おすすめはココ!

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について