トップ > ヨーロッパ > イギリス > ロンドン特派員 > 見どころ一杯!マンチェスター科学産業博物館

イギリスイギリス/ロンドン特派員ブログ

見どころ一杯!マンチェスター科学産業博物館

カテゴリー:交通・鉄道・航空 / 文化・芸術・美術 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2019年9月14日

イングランド北西部にあるマンチェスターは、経済規模においてロンドンに次いでイギリス第2の都市。産業革命時代には綿糸や綿織物産業を中心に、イギリス製造業を支えた歴史のある街です。


29aug1.jpg


またロバート・スティーブンソンが設計した、世界で初めて一般乗客を乗せた蒸気機関車ロケット号も、この街で生まれました。そんな製造業の歴史があるマンチェスターならではの科学産業博物館は、見どころ一杯!


29aug4.jpg


この博物館は、ロンドンのサウスケンジントンにある科学博物館と同じ母体が運営しています。もちろんこちらも、ロンドンと同じく入場無料です。


29aug3.jpg

この街を特色づけた綿産業の紡績機や織機は、もちろんメイン展示の一部。館員さんたちによるデモンストレーション操業もあり、最盛期には世界を牽引していたころの技術を見ることが出来ます。

29aug2.jpg


他にもコンピューターの発達過程など、過去から現代にいたる科学と産業の足跡をたどって、大人だけでなく子供にも分かりやすい展示が工夫されています。

29aug5.jpg


また航空史をテーマにした別館も併設。

29aug6.jpg

ここには日本の特攻機「桜花」も展示されているんですよ。

29aug8.jpg


29aug7.jpg


イギリス人にも理解できるよう解説。特攻隊および特攻機の呼び名として、カミカゼという単語は英語でも使われています。日本人としては微妙な気持ちですが、歴史の事実でもあります。

29aug9.jpg


また敷地内には、世界最古の現存する駅舎があります。なんと1830年築!ロンドンで最も古い駅はデットフォード(Deptford)そしてロンドンブリッジですが、それらは1836年。確かにこちらの方が古いんですね。

29aug10.jpg

最後にはお土産ショップや、カフェにも立ち寄って。科学や産業の歴史にそれほど造詣が深くなくても、たっぷり楽しめる博物館なのです。

29aug11.jpg

科学産業博物館(Science and Industry Museum)
住所:Liverpool Rd, Manchester M3 4FP
公式ウェブサイト

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

小野 雅子

イギリス・ロンドン特派員の小野 雅子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

イギリスイギリス/ロンドン特派員
名前:小野 雅子

小野 雅子

ロンドン西郊外に住む会社員、職場はヒースロー空港周辺です。在英20年以上の経験値を発揮して、初めてイギリスへいらっしゃる方にも興味深く分かりやすいロンドン観光&生活ガイドとしてお役に立てれば…と思います。個人ブログ「ロンパラ!」はこちら♪以前はヒースロー特派員 DISQUS ID @disqus_4TucldK0iv

ロンドン特派員トップにもどる

その他のイギリスの特派員

ロンドンを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ロンドン特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > イギリス > ロンドン特派員 > 見どころ一杯!マンチェスター科学産業博物館

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について