トップ > ヨーロッパ > イギリス > ロンドン特派員 > ヴィクトリア駅の隣にある小さな公園「ロウワー・グロヴナー・ガーデンズ」

イギリスイギリス/ロンドン特派員ブログ

ヴィクトリア駅の隣にある小さな公園「ロウワー・グロヴナー・ガーデンズ」

カテゴリー:文化・芸術・美術 / 自然・風景 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2019年8月25日

ロンドン主要駅のひとつヴィクトリア駅を出ると、大通りをはさんで小さい公園があります。サイズとしては本当に小さいけれど、緑に囲まれた芝生やベンチで気持ち良さそうに寛ぐ人々に誘われて、ふらっと中に入ってしまう事があります。


1arushell.jpg


これはロウワー・グロヴナー・ガーデンズという名称で、1864年に造られた古い公園。ちなみにグロヴナーという名前は、17世紀からこの周辺を含みロンドン中心部に広大な土地を所有していたグロヴナー家にちなんでいます。

1arushell2.jpg


1arushell1.jpg


第2次世界大戦中にはドイツ軍の空爆から逃れるための防空壕が作られ、戦後には沢山の瓦礫やゴミ置き場という惨状になりました。そこで1952年には公園の再整備が始まったのです。

1arushell7.jpg

ここには既に第1次大戦で活躍したフランス陸軍軍人フェルディナン・フォッシュの銅像も建立されていたのもあり、公園再整備の際には戦友国フランスとの友好親善を象徴してフランス式庭園デザインを採用。

1arushell4.jpg


そしてデザイン担当者に起用されたフランス人設計者ジャン・モローは、公園内にこんな貝殻を散りばめた小屋を2つ建てました。

1arushell6.jpg


これはフォリーと呼ばれ、西洋庭園において装飾だけの目的で建てられる小屋のひとつ。もっと大規模なものではヴェルサイユ宮殿の離宮・小トリアノンに立ち並ぶ農家の小屋に見立てたものや、ロンドンのキュー・ガーデンにある中国風パゴダなども、フォリーのうちです。

1arushell3.jpg

でもフォリーが大流行した18世紀とはさすがに時代が違ったせいか、モローさんはこの小屋に公園を整備するための庭仕事道具も収納できるように設計しました!今でも2つある小屋のうち1つは、芝刈り機や剪定バサミなどの収納庫として使われています。

1arushell5.jpg

壁の模様としてあしらわれている貝殻も、フランスとイギリス両方の海岸から獲ってきた貝殻を使用。海を隔てた隣国同士のつながりを表現しているんだそうです。ヴィクトリア駅を利用する時にちょっと時間の余裕があったら、この小さな公園にも立ち寄ってみませんか?

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

小野 雅子

イギリス・ロンドン特派員の小野 雅子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

おすすめ記事

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

イギリスイギリス/ロンドン特派員
名前:小野 雅子

小野 雅子

ロンドン西郊外に住む会社員、職場はヒースロー空港周辺です。在英20年以上の経験値を発揮して、初めてイギリスへいらっしゃる方にも興味深く分かりやすいロンドン観光&生活ガイドとしてお役に立てれば…と思います。個人ブログ「ロンパラ!」はこちら♪以前はヒースロー特派員 DISQUS ID @disqus_4TucldK0iv

ロンドン特派員トップにもどる

その他のイギリスの特派員

ロンドンを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ロンドン特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > イギリス > ロンドン特派員 > ヴィクトリア駅の隣にある小さな公園「ロウワー・グロヴナー・ガーデンズ」

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について