トップ > ヨーロッパ > イギリス > ロンドン特派員 > 庭園とカフェも見逃せない、ウェールズのポウィス城

イギリスイギリス/ロンドン特派員ブログ

庭園とカフェも見逃せない、ウェールズのポウィス城

カテゴリー:レストラン・料理・食材 / 文化・芸術・美術 / 自然・風景 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2019年8月17日

こんにちは!前回の記事ではウェールズの名城として人気のある、ポウィス城の内部をご案内しました。でもゴージャスな内部に負けないくらい見事な庭園もあるので、そちらもぜひ堪能して欲しいと思うのです。


1powis3.jpg


中世から続くお城ですがとくに庭園造りに力を注いだのは17世紀以降で、当時の正統派バロック様式庭園は今でも一部に残っているほど。17世紀にはフランスから、そして18世紀にはオランダから、それぞれ名うての造園家を招聘して造り込んできた完成度の高い庭園なのです。

1powis4.jpg


最後の城主ジョージ・チャールズ・ハーバート伯爵は妻に先立たれ息子2人も第1次と第2次の世界大戦で失ったため、自身の死に際し遺志によってこの城を景観保護団体ナショナル・トラストに寄贈したのが1952年のこと。しかし庭園の美しさは、今も見事に引き継がれています!


1powis6.jpg


また庭園の一角には、孔雀のオブジェが建っているのですが・・・。

1powis5.jpg


1powis5a.jpg

庭園やお城の敷地内では、ほんものの孔雀を見かける事ができますよ!このお城に隆盛をもたらしたクライヴ・ファミリーは植民地時代のインドで成功した人々。野生の孔雀が多く生息するインドから孔雀を持ち込んだのが始まりですが、今もポウィス城のアイドルとして数羽の孔雀が入場者を出迎えているのです。

1arukikatapowiscastle.jpg

見どころ満載のポウィス城で、たっぷり時間をかけて城内も庭園も堪能したあとは・・・カフェ休憩もお楽しみのうちですよねー♪


1powis8b.jpg


イギリスの代表的な焼き菓子スコーンは、もちろん定番アイテム。濃厚なクロテッド・クリームとジャムを添えれば、食べ応えのある軽食になる事うけあいです。


1powis10.jpg


ジャムはナショナル・トラスト特製。こちらはブラックカラント(和名クロススグリ)のジャムですが、苺やラズベリーのジャムを選ぶ事もできますよ。


1powis8.jpg


とは言えせっかくウェールズに来たからには、ご当地グルメなお菓子も食べてみたいですよね!だったら、こちらのウェルシュ・ケーキがお勧めです。


1powis8a.jpg

ウェルシュ・ケーキというのは小麦粉、バター(またはラード)、卵、砂糖、シナモンやナツメグなどのスパイス、そしてカラントと称される小粒レーズンが材料で、オーヴンじゃなく直火で焼き上げたものに砂糖をまぶすのが一般的です。食感は柔らかいクッキーとスコーンと硬めのパンケーキを足して3で割ったような感じ、と言ったら近いかな?


1powis9.jpg

素朴で滋味豊かなウェルシュ・ケーキとともに美味しいティータイムを楽しんで、ポウィス城での素敵な時間を締めくくってくださいね!


取材協力:
ナショナル・トラスト/ポウィス城
英国政府観光庁(VisitBritain)
ウェールズ観光庁(VisitWales)


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

小野 雅子

イギリス・ロンドン特派員の小野 雅子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

おすすめ記事

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

イギリスイギリス/ロンドン特派員
名前:小野 雅子

小野 雅子

ロンドン西郊外に住む会社員、職場はヒースロー空港周辺です。在英20年以上の経験値を発揮して、初めてイギリスへいらっしゃる方にも興味深く分かりやすいロンドン観光&生活ガイドとしてお役に立てれば…と思います。個人ブログ「ロンパラ!」はこちら♪以前はヒースロー特派員 DISQUS ID @disqus_4TucldK0iv

ロンドン特派員トップにもどる

その他のイギリスの特派員

ロンドンを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ロンドン特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > イギリス > ロンドン特派員 > 庭園とカフェも見逃せない、ウェールズのポウィス城

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について