トップ > ヨーロッパ > イギリス > ロンドン特派員 > ヘンリー8世に愛されたスィーツ「メイズ・オヴ・オナー」で有名なティールーム

イギリスイギリス/ロンドン特派員ブログ

ヘンリー8世に愛されたスィーツ「メイズ・オヴ・オナー」で有名なティールーム

カテゴリー:お題 / レストラン・料理・食材 / 文化・芸術・美術 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2019年6月 3日

日本ではあまり知られていない英国のお菓子に、メイズ・オヴ・オナー(Maids of Honour)というものがあります。王妃に仕える侍女なんて、ちょっと不思議な名前ですよね。その起源はヘンリー8世まで遡ると言い伝えられています。


1arumaids.jpg


あるときリッチモンド宮殿で王妃つき侍女らがお菓子を食べているのを見かけた彼は、自分も欲しいと言って食べてみたところ、大いに気に入った!そしてお菓子にも彼女たちと同じ名前を付けたとか。また別の説では、のちに彼の妻となるアン・ブーリンも王妃つき侍女としてお菓子を焼いたりしていたから・・・など。


1arumaids4.jpg

ちょっとポルトガルのパステル・デ・ナタに似ているのですが、あちらはカスタードを具にしているのに対し、このメイズ・オヴ・オナーの具はチーズ・カード(Cheese Curds)というのが大きな違い。チーズ・カードというのはリコッタ・チーズまたはカテージ・チーズに似た食感の乳製品です。

1arumaids1.jpg

そのレシピを忠実に守っているという老舗ティールーム&ケーキ屋さんが、「ニューエンズ(Newens)」。今ではキュー王立植物園に隣接した場所にありますが、もともとは発祥地リッチモンドで始まったお店です。

1arumaids3.jpg

外観も店内も、クラシックで可愛らしい感じですよ♪

1arumaids5.jpg

さて、運ばれてきたメイズ・オヴ・オナーを半分に切ってみましょう。確かに中にはカテージチーズに似たチーズ・カードが入っていて、甘さ控えめで優しい味。表面に薄ーくパリッとしたカラメル、そしてサクサクのパイ皮が良いアクセントです。さすがグルメな王様のお墨付き!?

1arumaids6.jpg

ティールームでお茶する時間がなければ、テイクアウェイでも。主力商品のメイズ・オヴ・オナー以外にも色々。レトロな同ショップ写真をプリントしたコットンバッグ(8ポンド)もあります。


1arumaids7.jpg

キュー王立植物園の中にあるカフェは、曜日や時間帯によっては満席に近い事も多いので・・・ティータイムはこちらで過ごすのも、ナイスな選択肢だと思います!

1arumaids8.jpg

Newens, The Original Maids of Honour Ltd.
住所:288 Kew Road, Richmond, Surrey TW9 3DU
Tel:+44-20-8940-2752
URL:https://theoriginalmaidsofhonour.co.uk/

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

小野 雅子

イギリス・ロンドン特派員の小野 雅子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

おすすめ記事

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

イギリスイギリス/ロンドン特派員
名前:小野 雅子

小野 雅子

ロンドン西郊外に住む会社員、職場はヒースロー空港周辺です。在英20年以上の経験値を発揮して、初めてイギリスへいらっしゃる方にも興味深く分かりやすいロンドン観光&生活ガイドとしてお役に立てれば…と思います。個人ブログ「ロンパラ!」はこちら♪以前はヒースロー特派員 DISQUS ID @disqus_4TucldK0iv

ロンドン特派員トップにもどる

その他のイギリスの特派員

ロンドンを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ロンドン特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > イギリス > ロンドン特派員 > ヘンリー8世に愛されたスィーツ「メイズ・オヴ・オナー」で有名なティールーム

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について