トップ > ヨーロッパ > イギリス > ロンドン特派員 > アテネの老舗タヴェルナ(大衆食堂)でシーフードを♪

イギリスイギリス/ロンドン特派員ブログ

アテネの老舗タヴェルナ(大衆食堂)でシーフードを♪

カテゴリー:お題 / レストラン・料理・食材 / 夜遊び・クラブ・お酒 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2019年5月12日

こちらは最近インスタ映えで大人気の、ウーゾ・バー「ブレトス(Brettos)」。ウーゾというのはアニスの香りが特徴的でやや甘みのあるリキュールです。ギリシャ特有のお酒だから、旅の思い出に味見してみるのも良いでしょう。


1arutave11.jpg


そして今回ご紹介するのは、このフォトジェニックなバーの右隣にあり、地下へ続く階段を降りると入口があるタヴェルナ(大衆食堂)です。

1arutave.jpg


先ほどのトレンディーなバーとは打って変わって、古めかしい感じ・・・というのも当然で、ここは創業1865年という老舗タヴェルナなのです。


1arutave1.jpg


入口の手前にある戸棚のような↑これ、何だと思いますか?その昔、電気冷蔵庫がなかった時代に氷を入れて食品を保存した、氷式冷蔵庫ですよ!そのまま保存して物入代わりに使われてるのがグッド♪

1arutave2.jpg

こちらが店内。地下なので天井が低く小さなお店なのですが、そこがまた味わい深い。いかにもアテネ庶民に愛されてきた食堂なんだなぁ、という雰囲気です。

1arutave3.jpg

店名は「バカリャラキア(英語表記にするとBakaliarakia)」、いいタラという意味だそうです。狭いテーブルの間を縫って忙しく立ち働く店員さんたちは、高級レストランと違って過度に愛想を振りまくことはしませんが(笑)、それでこそ大衆食堂!効率よくサービスしてくれます。

1arutave4.jpg


魚の名前が店名になってるだけあり、シーフードが自慢。まずは柔らかくて美味しーいタコを!

1arutave5.jpg


1arutave6.jpg

私を含めて総勢4人だったのでイワシや塩タラのフライなど、沢山オーダーして皆でわいわい食べました。サイドディッシュには野菜、そして飲み物は4人でウーゾの中瓶を氷割にして、乾杯!

1arutave8.jpg

1arutave7.jpg

そういえば写真に撮り忘れたのですが、着席とほぼ同時にパンとオリーヴもテーブルに運ばれました。だから以上のシーフードと野菜で、4人ともお腹いっぱいで満足~。

1arutave10.jpg

そしてお会計を頼んだら、お勘定書きと一緒にサマリ(セモリナ粉のお菓子)4切れが。ちょっと嬉しいサービスです♪


1arutave9.jpg

4人で49.50ユーロ、これにチップを足してもやっぱり安く感じます。

1arutave12.jpg

同行者3人はアテネっ子だけど、私は観光客の特権(?)でお店の人とツーショット。アテネ旧市街のプラカ地区で気軽なタヴェルナを、という時にどうぞ!


バカリャラキア(Bakaliarakia)
住所:Athens 105 58, Greece
Tel:+30 21 0322 5084


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

小野 雅子

イギリス・ロンドン特派員の小野 雅子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

おすすめ記事

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

イギリスイギリス/ロンドン特派員
名前:小野 雅子

小野 雅子

ロンドン西郊外に住む会社員、職場はヒースロー空港周辺です。在英20年以上の経験値を発揮して、初めてイギリスへいらっしゃる方にも興味深く分かりやすいロンドン観光&生活ガイドとしてお役に立てれば…と思います。個人ブログ「ロンパラ!」はこちら♪以前はヒースロー特派員 DISQUS ID @disqus_4TucldK0iv

ロンドン特派員トップにもどる

その他のイギリスの特派員

ロンドンを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ロンドン特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > イギリス > ロンドン特派員 > アテネの老舗タヴェルナ(大衆食堂)でシーフードを♪

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について