トップ > ヨーロッパ > イギリス > ロンドン特派員 > カズオ・イシグロ原作、映画「日の名残り」ロケ地になった館へ!

イギリスイギリス/ロンドン特派員ブログ

カズオ・イシグロ原作、映画「日の名残り」ロケ地になった館へ!

カテゴリー:エンターテイメント・音楽・ショー / 文化・芸術・美術 / 自然・風景 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2019年4月 6日

一昨年ノーベル文学賞に輝いたカズオ・イシグロ氏の初期出世作、「日の名残り」。この小説を原作として、在りし日のイギリスで職務に忠実な執事という主人公を名優アンソニー・ホプキンスが演じた映画をご覧になった方も、きっと多いことでしょう。


1arudyr.jpg

本日ご紹介するのは、その映画ロケ地になったマナーハウス。もっと正確に言うと、映画の中で主人公が仕えていた館の外観に使われた「ダイラム・パーク・ハウス」です。

1arudyr1.jpg

その始まりは17世紀の政治家ウィリアム・ブラスウェイトが、イングランド南西グロスター州に建てたマナーハウス。現在では景観保護団体ナショナル・トラストが所有しており、一般に公開されています。

1arudyr4.jpg

由緒あるマナーハウスならではの見事なインテリアはもちろんですが、白眉はオランダ黄金期の絵画やデルフト焼き陶器のコレクション。


1arudyr3.jpg

デルフト焼きだけでなく中国陶器もあり、それぞれのスタイルの共通点と相違点を見比べたり・・・アンティーク陶器ファンには垂涎の品揃えですよね!


1arudyr6.jpg


1arudyr5.jpg


バラエティ豊かな花瓶だけでなく、中にはこんな陶板画なども。

1arudyr7.jpg


また花瓶は花瓶でも、オランダ独特のデザインは特に目を引きます。その説明書きを読んだところ「当時のイギリスではチューリップの球根は庶民の家一軒ほどの値段だった」という高価なもの。


1arudyr8.jpg


これらの花瓶にチューリップを1輪ずつ挿すためには、相当の財力がないと出来ない事だったんですね!


1arudyr10a.jpg

こちらはキッチン。「日の名残り」の主人公は執事といういわば使用人のトップでしたが、ここでは料理人や小間使いが忙しく立ち働いていた事でしょうが・・・。


1arudyr10b.jpg

このキッチン、今は古本販売ショップを兼ねています。もちろん収益金はナショナル・トラストの資金として、この館のメンテナンスや運営費用に充てられます。

1arudyr16.jpg

広大な敷地には、大柄なファロー鹿の群れも棲んでいます。マナーハウス見学の後は、ぜひウォーキングも楽しんでみて下さいね!

1arudyr19.jpg

1arudyr10.jpg

ダイラム・パーク&ハウス(Dyrham Park and House)
住所:Near Bath, Dyrham, Gloucestershire SN14 8HY
Tel:0117 937 2501
URL:https://www.nationaltrust.org.uk/dyrham-park
交通アクセス:https://www.nationaltrust.org.uk/dyrham-park#How to get here
入場料金:大人£13.50~£15.00


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

小野 雅子

イギリス・ロンドン特派員の小野 雅子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

イギリスイギリス/ロンドン特派員
名前:小野 雅子

小野 雅子

ロンドン西郊外に住む会社員、職場はヒースロー空港周辺です。在英20年以上の経験値を発揮して、初めてイギリスへいらっしゃる方にも興味深く分かりやすいロンドン観光&生活ガイドとしてお役に立てれば…と思います。個人ブログ「ロンパラ!」はこちら♪以前はヒースロー特派員 DISQUS ID @disqus_4TucldK0iv

ロンドン特派員トップにもどる

その他のイギリスの特派員

ロンドンを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ロンドン特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > イギリス > ロンドン特派員 > カズオ・イシグロ原作、映画「日の名残り」ロケ地になった館へ!

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について