トップ > ヨーロッパ > イギリス > ロンドン特派員 > レトロで可愛いミシュラン・ハウス、お勧めスポットです!

イギリスイギリス/ロンドン特派員ブログ

レトロで可愛いミシュラン・ハウス、お勧めスポットです!

カテゴリー:お題 / レストラン・料理・食材 / 文化・芸術・美術 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2019年4月 2日

ロンドンには無料の美術館や博物館が沢山あり、中でもヴィクトリア&アルバート美術館や自然史博物館などは人気。最寄りのサウス・ケンジントン駅を利用する機会も多いと思います。


arumich.jpg


そこで今回はサウス・ケンジントン駅から徒歩3分ほどで行ける、ちょっと素敵なスポットをご案内しますね。それはタイヤ人形のマスコットやグルメガイドでお馴染みの「ミシュラン」UKオフィスがあったビル。


arumich1.jpg


建設されたのは1911年。当時流行していたアール・デコ様式がレトロでロマンチックな美しい建物の所々に、ミシュランのロゴや同社のタイヤを使用した車の絵、それに愛嬌あるタイヤ人形マスコットがあしらわれています。


arumich2.jpg

実は1985年にミシュラン社はこのビルから社屋移転したため、今では別のオーナーが経営。そしてオーナーの1人テレンス・コンラン卿のインテリア店「コンラン・ショップ」を始めとする商業店舗やレストラン、バーなどが営業しています。


arumich3.jpg


地続きの1階はタイヤやパーツのデポを兼ねていたそうで、今も床にモザイク画が。部品を片手に持ったタイヤマンがラテン語で「Nunc Est Bibendum」と言っているのは「そろそろ一杯飲む時間かな」という意味だそうで、ユーモアたっぷり!


arumich4.jpg


道路に面したカフェにも、ミシュラン製タイヤを装着した当時のレーシング・カーがタイル画になっています。クラシック・カー好きにも喜ばれそうですよね。


arumich5.jpg


カフェのシュガーポットにもタイヤマン。彼は窓のステンドグラスにもなっているし、元祖ゆるキャラともいえる貫禄!?

arumich4a.jpg


サウス・ケンジントンで時間があったら、ぜひ立ち寄って欲しい「ミシュラン・ハウス」なのです♪


arumich6.jpg


ミシュラン・ハウス(Michelin House)
住所: 81 Fulham Road, London SW3
カフェ&レストラン「ビベンダム」のURL:
http://bibendum.co.uk/

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

小野 雅子

イギリス・ロンドン特派員の小野 雅子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

おすすめ記事

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

イギリスイギリス/ロンドン特派員
名前:小野 雅子

小野 雅子

ロンドン西郊外に住む会社員、職場はヒースロー空港周辺です。在英20年以上の経験値を発揮して、初めてイギリスへいらっしゃる方にも興味深く分かりやすいロンドン観光&生活ガイドとしてお役に立てれば…と思います。個人ブログ「ロンパラ!」はこちら♪以前はヒースロー特派員 DISQUS ID @disqus_4TucldK0iv

ロンドン特派員トップにもどる

その他のイギリスの特派員

ロンドンを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ロンドン特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > イギリス > ロンドン特派員 > レトロで可愛いミシュラン・ハウス、お勧めスポットです!

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について