トップ > ヨーロッパ > イギリス > ロンドン特派員 > 女性アーティストが彩るロンドン地下鉄(4)ウォータールー駅

イギリスイギリス/ロンドン特派員ブログ

女性アーティストが彩るロンドン地下鉄(4)ウォータールー駅

カテゴリー:お題 / 交通・鉄道・航空 / 文化・芸術・美術 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2019年1月26日

ロンドンの主要ターミナル駅のひとつ、ウォータールー。4本のロンドン地下鉄線とイングランド南部を中心に伸びる数社の地方鉄道が通っているため、英国ご滞在中に利用することも多いと思います。


1aruzou5.jpg


そんな駅の一角に突然このゾウが現れるんだから、初めて見るとビックリしますよね!これはケンドラ・ヘイストという女性アーティストの作品。南西ロンドンのパットニーで生まれ育ち、現在ロンドン郊外サリー州を拠点に活動する彼女は、メッシュ状の金網シートを巧みに使った動物オブジェが有名です。


1aruzou4.jpg


完成当初はグロスター・ロード駅に展示されていたゾウですが、地下鉄ジュビリー線が延長されウォータールー駅にも開通したのを機に、現在の場所に移転されました。ウォータールー駅で地下鉄プラットフォームへ続くエスカレーターに乗ると最も見やすいアングルで設置されているので、絶好のフォト・チャンス!


1aruzou3.jpg


金網の色や質感がゾウの硬そうな肌を上手く表していて、とてもリアル。エスカレーターに乗ってすぐ通り過ぎてしまうのに、少し哀しそうな表情が印象的で、なんとも余韻の残る作品です。


1aruzou2.jpg


ウォータールー駅以外の場所でも、彼女の作品をもっと観る事ができますよ。それはヘンリー8世と6人の妻でも有名なロンドン塔。ここでは中世時代、各国から連れてこられた動物たちも飼われていました。そんな歴史を踏まえた展示なのです。


1aruzou.jpg

たとえばホッキョクグマは、1251年にノルウェイ国王から贈られたそうです。時折テムズ川を泳がせて魚を獲ることも許されていたとはいえ、足首に嵌められた鉄輪と鎖が痛々しい・・・。今では動物愛護の盛んなイギリスですが、中世は全く違う状況だった事でしょう。


1aruzou1.jpg


他にもキリンやライオンやゾウなど、合計13体の作品がロンドン塔に展示されているケンドラ・ヘイスト。ロンドン塔のほうは2021年までの展示となっていますが、ウォータールー駅のゾウは今のところ無期限。ロンドンご滞在中に、ぜひ会ってあげて下さいね。


ケンドラ・ヘイスト公式ウェブサイト:https://www.kendrahaste.co.uk/

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

小野 雅子

イギリス・ロンドン特派員の小野 雅子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

おすすめ記事

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

イギリスイギリス/ロンドン特派員
名前:小野 雅子

小野 雅子

ロンドン西郊外に住む会社員、職場はヒースロー空港周辺です。在英20年以上の経験値を発揮して、初めてイギリスへいらっしゃる方にも興味深く分かりやすいロンドン観光&生活ガイドとしてお役に立てれば…と思います。個人ブログ「ロンパラ!」はこちら♪以前はヒースロー特派員 DISQUS ID @disqus_4TucldK0iv

ロンドン特派員トップにもどる

その他のイギリスの特派員

ロンドンを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ロンドン特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > イギリス > ロンドン特派員 > 女性アーティストが彩るロンドン地下鉄(4)ウォータールー駅

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について