トップ > ヨーロッパ > イギリス > ロンドン特派員 > 女性アーティストが彩るロンドン地下鉄(1)マーブル・アーチ駅

イギリスイギリス/ロンドン特派員ブログ

女性アーティストが彩るロンドン地下鉄(1)マーブル・アーチ駅

カテゴリー:交通・鉄道・航空 / 文化・芸術・美術 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2018年9月25日

ロンドン交通局は従来から、公共の場にアートを融合されることに熱心です。だから貴方もロンドン滞在中に利用する地下鉄駅で、新旧のさまざまなアート作品を目にすることでしょう。


1arumarble3.jpg


中でも私が特に気に入っているのは、マーブル・アーチ駅。駅名の由来は、この駅を出ると立派な大理石の門があるからです。


1arumarble.jpg


この門は1828年にバッキンガム宮殿への入り口としてザ・マルに建てられ、当時は王室セレモニーの時だけ利用されていました。しかし約30年後にバッキンガム宮殿増築のため、現在の場所に移転したのです。


1arumarble1.jpg


そんなロケーションに相応しく、この駅構内にはマーブル・アーチを様々にアレンジした壁画作品が、17点も並んでいます。


1arumarble5.jpg


見る者を明るい気分にさせてくれるポップで鮮やかな作品は、すべてアナベル・グレイ(Annabel Grey)というアーティストが1980年代に製作したもの。


1arumarble4.jpg


1点1点の作品はそれぞれ、9枚のエナメル製パネルで構成されています。全17点を作製するために、アナベルさんは22ヶ月も工房で費やしたそうです。そうして生み出されたカラフルな門たちは、30数年後の今も我々の目を楽しませています。


1arumarble2.jpg


マンチェスター大学と王立芸術カレッジで学び、現在はイングランド東部ノーリッチでファブリック・デザイナーとして活動を続けるアナベルさん。実はもう1つの駅でも、彼女の作品が見られるんですよ。そちらについても、また別の機会にご紹介しますね!

アナベル・グレイさんのウェブサイト
https://www.annabelgrey.co.uk/

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

小野 雅子

イギリス・ロンドン特派員の小野 雅子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

イギリスイギリス/ロンドン特派員
名前:小野 雅子

小野 雅子

ロンドン西郊外に住む会社員、職場はヒースロー空港周辺です。在英20年以上の経験値を発揮して、初めてイギリスへいらっしゃる方にも興味深く分かりやすいロンドン観光&生活ガイドとしてお役に立てれば…と思います。個人ブログ「ロンパラ!」はこちら♪以前はヒースロー特派員 DISQUS ID @disqus_4TucldK0iv

ロンドン特派員トップにもどる

その他のイギリスの特派員

ロンドンを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ロンドン特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > イギリス > ロンドン特派員 > 女性アーティストが彩るロンドン地下鉄(1)マーブル・アーチ駅

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について