トップ > ヨーロッパ > イギリス > ロンドン特派員 > 新10ポンド紙幣になった作家、ジェーン・オースティンが永眠する「ウィンチェスター大聖堂」

イギリスイギリス/ロンドン特派員ブログ

新10ポンド紙幣になった作家、ジェーン・オースティンが永眠する「ウィンチェスター大聖堂」

カテゴリー:お知らせ / お金・通貨・両替 / 文化・芸術・美術 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2017年9月23日

イングランド銀行が発行する10ポンド紙幣、今月から新しいものが出回り始めました。既に発行済みである新5ポンド紙幣に続いて、紙というよりプラスチックに近い素材。


1arjane.jpg


そして女王様じゃない方の面は、従来の自然科学者チャールズ・ダーウィンに代わって、ジェーン・オースティンになったんです。「自負と偏見」「エマ」「分別と多感」などの小説は、書かれてから200年以上たった今も愛されている女流作家。


1arjane1.jpg


そのジェーン・オースティンが永眠しているのは、ハンプシャー州にあるウィンチェスター大聖堂です。


1arjane2.jpg


入場料・大人£8.00(2017年9月現在)を払って中に入ると、各国語のパンフレットが並んでいて・・・。


1arjane3.jpg


日本語バージョンも、ちゃんと用意されてましたよ♪


1arjane5.jpg


何しろ創設は7世紀にも遡るといわれる歴史を誇り、また映画「ダ・ヴィンチ・コード」撮影場所の一つだったり、という大聖堂ですから興味の対象も色々ですよね。


1arjane6.jpg


でも、やっぱり私たちが何よりも目指していたのは、ジェーン・オースティンのお墓。


1arjane7.jpg


それは、ここ。北廊の床下に埋葬されています。当時の中流階級女性としては当然だったそうですが、存命中は小説が実名で出版されることもなく、原因不明の難病で41年の短い生涯を終えた彼女。


1arjane8.jpg


お墓の隣にある真鍮のメモリアル・プレートは、彼女の甥にあたるエドワードが後年になってから献上しました。


1arjane4.jpg


生き生きと自由闊達な主人公たちや、それを取り巻くリアルな人間模様を鮮やかに描いたジェーン・オースティン。彼女の作品を愛する人々にとって、まさに聖地といえる場所なのです。


ウィンチェスター大聖堂(Winchester Cathedral)
住所: 9 The Cl, Winchester SO23 9LS
Tel:01962 857200
URL:http://www.winchester-cathedral.org.uk/

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

小野 雅子

イギリス・ロンドン特派員の小野 雅子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

イギリスイギリス/ロンドン特派員
名前:小野 雅子

小野 雅子

在英25年。ロンドンでの会社員生活をセミリタイアし、イングランド西部とロンドン、娘ファミリーが住むヨークシャー、相方の実家のギリシャ・アテネを往復する日々。初めてイギリスへいらっしゃる方にも分かりやすいロンドン観光情報を中心に、イギリスやヨーロッパの情報もご案内いたします。個人ブログ「ロンパラ!」はこちら♪(以前はヒースロー特派員DISQUS ID @disqus_4TucldK0iv

ロンドン特派員トップにもどる

その他のイギリスの特派員

ロンドンを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ロンドン特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > イギリス > ロンドン特派員 > 新10ポンド紙幣になった作家、ジェーン・オースティンが永眠する「ウィンチェスター大聖堂」

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について