トップ > ヨーロッパ > イギリス > ロンドン特派員 > ヒースの花咲く7・8月がベストシーズン、E.ブロンテ「嵐が丘」の舞台へ

イギリスイギリス/ロンドン特派員ブログ

ヒースの花咲く7・8月がベストシーズン、E.ブロンテ「嵐が丘」の舞台へ

カテゴリー:お題 / 天気・気候・気温 / 文化・芸術・美術 / 自然・風景 投稿日:2017年5月12日

エミリー・ブロンテの小説「嵐が丘」は、今もなお人々を魅了する悲恋の物語。初めて出版されてから170年が経った今でも映画、TVドラマ、舞台だけでなく音楽や漫画の原作にまでなっていますよね!


11arukilon4.jpg


ヒースクリフとキャサリンが繰り広げたドラマチックな愛憎劇、その背景となったのはブロンテ姉妹が生まれ育ったヨークシャー州の小さな町ハワース。


11arukilon3.jpg


父親が聖職者だったため、彼女たちが生涯の大部分を過ごした牧師館は、今では彼女たちの博物館となっています。


11arukilon2.jpg


坂の多い町には、ところどころに当時から商いをしていた薬局やパブなども残っていて・・・この坂道を歩くエミリーやシャーロットの姿を想像すると、ちょっと時が止まったような気がしてきます。


11arukilon5.jpg


そして「嵐が丘」の舞台とされたのは、荒涼としてヒースの茂る原野です。ヒースという植物は泥炭質の寒冷地を好むため、ヨークシャーやウェールズ、スコットランドなどに群生しているんですよ。


11arukilon6.jpg


11arukilon9.jpg


でも私たちが行ったのは6月だったので、まだ少ししか咲いていませんでした。


11arukilon7.jpg


↓このように見事なヒースの花盛りを見たければ、例年ならば7月中旬~8月くらいがベスト。(ちなみに、この満開ヒースを堪能したのは8月下旬のウェールズでした)


11arukilon.jpg


もちろん四季を通して様々な景色が、それぞれ味わい深いと思います。秋冬に寒風の吹きすさぶ「嵐が丘」も、まさにドラマそのもので感銘を受けることでしょう。


11arukilon8.jpg


でもヒースの花でピンク色に染まった丘を見たければ、7月中旬~8月に行ってみて下さいね♪


11arukilon1.jpg


英国政府観光庁(日本語ウェブサイト)
「ハワース・ブロンテ姉妹の故郷」
https://www.visitbritain.com/jp/ja/hawasuburontezi-mei-nogu-xiang#9crcKPIwoSGqqv3h.97



ブロンテ牧師館ミュージアム(英語ウェブサイト)
https://www.bronte.org.uk/


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

小野 雅子

イギリス・ロンドン特派員の小野 雅子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

イギリスイギリス/ロンドン特派員
名前:小野 雅子

小野 雅子

在英25年。ロンドンでの会社員生活をセミリタイアし、イングランド西部とロンドン、娘ファミリーが住むヨークシャー、相方の実家のギリシャ・アテネを往復する日々。初めてイギリスへいらっしゃる方にも分かりやすいロンドン観光情報を中心に、イギリスやヨーロッパの情報もご案内いたします。個人ブログ「ロンパラ!」はこちら♪(以前はヒースロー特派員DISQUS ID @disqus_4TucldK0iv

ロンドン特派員トップにもどる

その他のイギリスの特派員

ロンドンを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ロンドン特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > イギリス > ロンドン特派員 > ヒースの花咲く7・8月がベストシーズン、E.ブロンテ「嵐が丘」の舞台へ

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について