トップ > ヨーロッパ > イギリス > ロンドン特派員 > ロンドンで鬱になった漱石

イギリスイギリス/ロンドン特派員ブログ

ロンドンで鬱になった漱石

カテゴリー:お金・通貨・両替 / 文化・芸術・美術 / 生活・習慣・マナー 投稿日:2010年2月28日

日本の近代文学における文豪として知られる漱石が、かつてロンドンに留学していました。しかも、慣れない異国での生活がこたえて、鬱になっていたというのです。

Natsume_Soseki_photo.jpg

文部省から英文学研究を目的とした英国留学を命ぜられて、ロンドンに留学。しかし、聴講生としてユニバーシティー・カレッジ・ロンドンで英文学関連の講座に顔を出すと、「日本の大学の講義とさして変わった事もない」と判断し、出席は最初の数回のみ。また家賃の高さや大家との契約トラブルによって5度にわたる引越しを経験するなどして、神経衰弱に陥ったようです。最後には、英国留学を手配した文部省からの緊急帰国命令に従い、日本に帰国させられています。

ちなみに、21世紀のロンドンでも、大家との契約トラブルを抱える留学生はたくさんいます。海外で暮らすって、やっぱり大変なんですね。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

長野 雅俊

イギリス・旧ロンドン特派員の長野 雅俊が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

イギリスイギリス/旧ロンドン特派員
名前:長野 雅俊

長野 雅俊

東京都出身の29歳。議会政治発祥の国で本場のジャーナリズムを学ぼうと、2002年4月に渡英。現在は週刊日本語新聞「英国ニュースダイジェスト」編集部で働いています。子午線で有名なグリニッジ近辺に在住。趣味は走ること。美しい芝生が生い茂ったグリニッジ公園はランナー天国です。息を切らして駆け上がった丘から見下ろす街の景色を手に入れるため、今日も走り続けます。

ロンドン特派員トップにもどる

その他のイギリスの特派員

ロンドンを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ロンドン特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > イギリス > ロンドン特派員 > ロンドンで鬱になった漱石

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について