トップ > ヨーロッパ > イギリス > ロンドン特派員 > 金融マンから科学教師へ

イギリスイギリス/ロンドン特派員ブログ

金融マンから科学教師へ

カテゴリー:お金・通貨・両替 / 生活・習慣・マナー 投稿日:2009年5月31日

イギリスで今、科学教師の志望者が急増しているそうです。

近年、英国経済を牽引してきた金融業界。シティと呼ばれる金融街で働く金融マンたちの豪奢な生活ぶりは、ロンドン市民の憧れの的でした。

しかし昨年から続く空前の不景気によって、現在この業界にはリストラの嵐が吹いています。そこで、学生時代に理系科目を専攻し、現在は求職中の身である元金融マンたちが、こぞって科学教師のポストに就いている、という話みたいです。

Seminar.3248.jpg

人生の酸いも甘いも噛み分けてきた元金融マンなら、きっと良い教師になれることと思います。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

長野 雅俊

イギリス・旧ロンドン特派員の長野 雅俊が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

イギリスイギリス/旧ロンドン特派員
名前:長野 雅俊

長野 雅俊

東京都出身の29歳。議会政治発祥の国で本場のジャーナリズムを学ぼうと、2002年4月に渡英。現在は週刊日本語新聞「英国ニュースダイジェスト」編集部で働いています。子午線で有名なグリニッジ近辺に在住。趣味は走ること。美しい芝生が生い茂ったグリニッジ公園はランナー天国です。息を切らして駆け上がった丘から見下ろす街の景色を手に入れるため、今日も走り続けます。

ロンドン特派員トップにもどる

その他のイギリスの特派員

ロンドンを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ロンドン特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > イギリス > ロンドン特派員 > 金融マンから科学教師へ

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について