トップ > ヨーロッパ > スロヴェニア > リュブリャナ特派員 > 初めて食べたソーセージ

スロヴェニアスロヴェニア/リュブリャナ特派員ブログ

初めて食べたソーセージ

カテゴリー:レストラン・料理・食材 / 生活・習慣・マナー 投稿日:2020年3月19日

今日初めての味のソーセージを食べました。スロベニア語でペチェニッツァ(PEČENICA)と表現しまして、ドイツでいうブラートヴルストです。

生っぽくて色は白っぽく、55%以上は豚の肉ですが、さらに仔牛の肉、刻んだ玉ねぎ、牛乳も入っているとか。

私はもっとピンクっぽいソーセージをよく食べるので、(クランスカソーセージ といいます)初めてでした。

調理法は簡単で、20分程度茹でて、そのあとフライパンで焼く。

茹でるのがポイントですね。さらっと焦げ目がつくように焼けばふわふわの食感です。

IMG_6039.jpg

隣にあるつけ合わせはじゃがいも。これも簡単で、柔らかくなるまで茹でたあと、薄く切る。

そのあとで刻んだ玉ねぎをフライパンで炒め、色がつく、そしてしんなりしたらじゃがいもを炒める。

たったこれだけ!

家庭によってはじゃがいもの硬さが全然違います。初めて作ったので初めてにしてはよくできたと思いました(笑)

ソーセージは手に入りづらいかもしれませんが、このじゃがいも料理は日本でもできるはず。

料理名はプラージェンクロンピールといって、またまたスロベニア伝統料理。誰もが好きな味なことは間違いなしです!

ぜひ試してみてください♪

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

菊地 由貴

スロヴェニア・リュブリャナ特派員の菊地 由貴が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

スロヴェニアスロヴェニア/リュブリャナ特派員
名前:菊地 由貴

菊地 由貴

2011年にスロベニアのリュブリャナ大学へ留学。現代史の修士を終了後、通訳やガイドとしてリュブリャナに勤務。スロベニア国内観光情報はもちろん、特別な情報を発信します。お役に立てるよう頑張ります。
URL:https://slomost.com

リュブリャナ特派員トップにもどる

リュブリャナを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

リュブリャナ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > スロヴェニア > リュブリャナ特派員 > 初めて食べたソーセージ

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について