トップ > ヨーロッパ > スペイン > レオン特派員 > マゴスト スペイン秋の風物詩、焼き栗まつり

スペインスペイン/レオン特派員ブログ

マゴスト スペイン秋の風物詩、焼き栗まつり

カテゴリー:イベント・行事・お祭り 投稿日:2019年10月29日


¡Hola! レオン特派員の石田妙です。


今回は、スペイン各地でみられる秋の伝統行事、マゴストについてご紹介します。


古代からスペインの食生活に密接に関わってきた食材の一つに栗があります。スペインで栗というイメージはあまりないかもしれませんが、レオンを始めとするイベリア半島の様々な地域に、ローマ人によってもたらされ、冬を越すための重要な食料として消費されていたことが分かっています。


magosto (1).jpg


レオンのマゴスト、焼き栗まつりは、この地域に居住していたケルト人の伝統に由来すると言われています。栗を炒る炎は豊穣神の信仰の象徴で、収穫に感謝する目的で祝われていた行事のようです。


その後イベリア半島でのキリスト教の浸透により、11月11日の聖マルティヌス(サン・マルティン)のお祝いとして、収穫されたばかりの栗を炒って味わうお祭りが、現代まで祝い続けられるようになりました。


レオン県の中でも、ビエルソ地方では特に盛んで、10月後半から11月にかけて各村でマゴストが行われます。ビエルソのマゴストには、栗以外に、チョリソーや土着品種メンシアの赤ワインも欠かせません。伝統的にワイン造りが盛んなビエルソでは、収穫祭にはその年のブドウを使った若いワインも必ず振る舞われていたのです。


el pájaro rojo losada.png (写真提供:Losada Vinos de Finca)


現在のマゴストでは、様々な種類のワインを楽しむことができますが、栗によく合うのはやはり、フレッシュでフルーティーな樽香が強くない若めのメンシアです。私のオススメは、ビエルソの蔵元ロサーダ・ビノス・デ・フィンカ (Losada Vinos de Finca) の エル・パハロ・ロホ (El pájaro rojo) です。栗の甘さと香ばしさを邪魔しない、デリケートな酸味やタンニンの味わいと、時間が立つと少しづつ現れてくる、程よいスパイスやミネラル感も、焼き栗とうまくマッチして、よりマゴストを楽しませてくれます。


この時期にレオンを訪れる機会がある方は、マゴストが開催されているかぜひチェックしてみてください。ご自宅でも、焼き栗とおいしい赤ワインで、マゴスト気分を味わってみてはいかがでしょうか。


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

石田妙

スペイン・レオン特派員の石田妙が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

スペインスペイン/レオン特派員
名前:石田妙

石田妙

アメリカの大学で国際関係とスペイン語を学んだ学生時代に、スペイン北部のレオンに一年間留学。大学卒業後日本で一年ほど働いた後、マヨルカのバレアレス諸島州立大学で観光業専門のMBA を取得。現地のホテル業関連のコンサルでコンサルタントとして勤務。現在は第二の故郷であるレオンに戻り、スペイン北西部と日本の関係活性化に尽力する。観光ガイド、ツアー企画、現地コーディネート、通訳等も承ります。
ご連絡はこちら。
taeishidaspain@gmail.com
Instagram
Facebook DISQUS ID @disqus_Dw2DdFjFAE

レオン特派員トップにもどる

その他のスペインの特派員

レオンを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

レオン特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > スペイン > レオン特派員 > マゴスト スペイン秋の風物詩、焼き栗まつり

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について