トップ > ヨーロッパ > ドイツ > ライプツィヒ特派員 > コロナの状況が悪化しているドイツ。ザクセン州はもっとも深刻で、新たな規制へ。

ドイツドイツ/ライプツィヒ特派員ブログ

コロナの状況が悪化しているドイツ。ザクセン州はもっとも深刻で、新たな規制へ。

カテゴリー:お知らせ 投稿日:2021年11月11日

1ヵ月ほど前まではコロナの感染状況がそれほど深刻ではなかったドイツですが、このところかなりたいへんになってきました。

とりわけライプツィヒのあるザクセン州が最も深刻な状況です。

新規感染者数の基準値となる人口10万人あたりの直近1週間の新規感染者数の数は、11月10日現在のドイツ全国で232.1。
ほとんどの週が3桁の数字になっていますが、ザクセン州は最も多く459.4となっており、これまででこんなにひどいことはなかった記憶があります。
とりわけザクセン東部はこの数字が700以上のところもあります。
ライプツィヒ市は243と、ザクセン州の中ではまだましですが、100を超える数字はやはりかなり懸念されます。


そんななか、ザクセン州は11月8日から新たな規定措置を義務づけました。

とりわけ、以下の点が重要な規定になります。




これまでどの州でも3G規定、つまりワクチン接種済みか、コロナ快復者か、コロナテスト陰性であるかのいずれかであることがいろいろな施設などへ入るための条件でしたが、8日からは、2G規定になりました。

つまり、ワクチン接種済かコロナ快復者でないと以下の場所での立ち入りが許可されません。

  • 屋内のレストラン
  • 屋内の催し物
  • 屋内の文化・余暇施設
  • クラブ、バー、ディスコ
  • 大規模な催し



要するに、ワクチン接種を拒んでいる人にとっては、非常に厳しい状況になります。

実際のところ、ザクセン州ではワクチンを拒否している人が多いことから、コロナの新規感染者数がほかの州よりも多い原因になっているのです。

また、病床数の状況も日々悪化しているので、懸念されます。

ちなみに集中治療室でコロナの治療を受けている人のほとんどが、ワクチン接種をしていない人とも言われています。




さらに、公共交通機関を利用する際には、粉塵マスクであるFFP-2マスクの着用が義務づけられました。

IMG_9870.jpg


これまでは、医療用のマスクでもよかったのがさらに厳しくなったわけです。



思えば昨年も秋には感染者数が増大したドイツ。やはり雨の多いジメジメした気候になると、ウイルスが蔓延しやすくなるのでしょうか。

今回の措置が功を奏してくれることを、切に願っています。


IMG_9871.JPG




記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

シェーファー玲子

ドイツ・ライプツィヒ特派員のシェーファー玲子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ドイツドイツ/ライプツィヒ特派員
名前:シェーファー玲子

シェーファー玲子

2008年夏よりドイツ中東部の町ライプツィヒ在住。その前は12年間ベルリン、そして学生時代はミュンヘンに留学していた神戸生まれの関西人。日本でも神戸のドイツ総領事館に勤務するなど、ずっとドイツと関わってきた。ドイツ移住後は謀テレビ局ベルリン支局にて2017年秋まで勤務。現在はライプツィヒにてフリーランスと主婦業に従事している。個人ブログ「ライプチヒで独逸日記」もよろしければご訪問ください! お問合せ・ご連絡はこちらまで。 DISQUS ID @disqus_vXOimP5ytn

ライプツィヒ特派員トップにもどる

その他のドイツの特派員

ライプツィヒを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ライプツィヒ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ドイツ > ライプツィヒ特派員 > コロナの状況が悪化しているドイツ。ザクセン州はもっとも深刻で、新たな規制へ。

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について