トップ > ヨーロッパ > ドイツ > ライプツィヒ特派員 > 南仏旅行で現地コロナ対策の現状

ドイツドイツ/ライプツィヒ特派員ブログ

南仏旅行で現地コロナ対策の現状

カテゴリー:お知らせ 投稿日:2021年8月29日

今年2021年の夏休みは南仏に行くことにして、予約を入れた6月頃は何ともなかったものの、出発前の8月初めには、コロナの状況が急激に悪化。ドイツ政府からは危険地域に指定されてしまいました。

それでも、ワクチン接種者についてはドイツへ帰国後の隔離やコロナテストは免除され、滞在期間のみ登録するのが義務づけられています。

私は幸いすでにワクチン接種済みのため上記に属しますので、とりあえあえずは大丈夫だろうということで、旅行に出かけました。

IMG_9321.JPG

その時の体験を紹介したいと思います。




私たちは車で移動したのですが、スイスを経由してフランスに入国する際には、ワクチン接種証明の提示が求められるだろうと、緊張して入ったものの、パスコントロールさえなく、素通り状態でした。ワクチン接種済みの人しかフランスは入国を認めていないはずなのですが、いいかげんですよね。陸路で入国は誰でも入れることになります。



マスクについては、お店やレストランの席に着くまでは義務づけられています。

また、観光地によっては町なかはつねにマスク着用を要請しているところもありました。

博物館では、やはり入口でコロナワクチン接種済み証明を提示する必要がありました。

IMG_9250.JPG


同じように、レストランでも入店前にコロナワクチン接種済み証明の提示が求められます。

ちなみに、この証明書は、文書でももらえますが、EU諸国内で共通のアプリとしてスマートフォンに保存もされますので、たいていはそれを見せてスキャンされます。

こちらが、私のそのアプリによる証明書です。
IMG_9051.JPG



ただ、今回思ったのは、いくら証明書を見せたところで、身分証明書は提示されないため、本人確認をしないことになりますから、たとえばワクチン接種をしてない人が、他人の接種証明をもって提示することも可能なので、あまり徹底したシステムとは思えないです。

日本の旅行者の場合、日本政府発行のワクチン接種証明書があるようですね。

恐らく、それで通用するのではないかと思いますが、実際のところは定かではないです。
いずれにしろ、日本へ帰国の際の2週間の隔離措置が緩和されない限り、実際問題として海外へ旅行することはまだまだ難しい状況であることに変わりないですね。



記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

シェーファー玲子

ドイツ・ライプツィヒ特派員のシェーファー玲子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ドイツドイツ/ライプツィヒ特派員
名前:シェーファー玲子

シェーファー玲子

2008年夏よりドイツ中東部の町ライプツィヒ在住。その前は12年間ベルリン、そして学生時代はミュンヘンに留学していた神戸生まれの関西人。日本でも神戸のドイツ総領事館に勤務するなど、ずっとドイツと関わってきた。ドイツ移住後は謀テレビ局ベルリン支局にて2017年秋まで勤務。現在はライプツィヒにてフリーランスと主婦業に従事している。個人ブログ「ライプチヒで独逸日記」もよろしければご訪問ください! お問合せ・ご連絡はこちらまで。 DISQUS ID @disqus_vXOimP5ytn

ライプツィヒ特派員トップにもどる

その他のドイツの特派員

ライプツィヒを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ライプツィヒ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ドイツ > ライプツィヒ特派員 > 南仏旅行で現地コロナ対策の現状

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について