トップ > ヨーロッパ > ドイツ > ライプツィヒ特派員 > ドイツで、ワクチン接種者とコロナ感染からの回復者は制限措置が緩和へ

ドイツドイツ/ライプツィヒ特派員ブログ

ドイツで、ワクチン接種者とコロナ感染からの回復者は制限措置が緩和へ

カテゴリー:お知らせ 投稿日:2021年5月 8日

このところ天候不順なドイツです。5月だというのに気温が一ケタだったり、雪もちらつく日があります。かと思うと、この週末は気温28度との夏日の予報です。異常気象ですね。体調管理がなかなか難しい毎日です。




さて、コロナの感染状況は、少しずつですが改善の兆しがみられてきました。

また、ドイツのワクチン接種も少し加速されつつあり、目下のところ1回目接種率は20%を超えたようです。


そんななか、5月9日からワクチン接種者とコロナ感染からの回復者には制限措置が緩和されることが決まりました。

とりわけ直近1週間の新規感染者数の合計が100を超える地域でのさまざまな規制が緩和されます。

たとえば、夜間の外出制限(22時から5時)が免除されます。

また、私的な集まりの場合の人数制限規定も、免除されます。

さらに、感染状況によってはその日の陰性証明を必要とする、小売店への入店や理髪店の利用などの際には、陰性証明が必要でなくなります。

そして、これまでの隔離義務も免除されます。ただし、変異株が蔓延しているリスク地域からの入国の際は、隔離義務が生じます。



日本もようやく一般市民へのワクチン接種が高齢者から始まりましたね。

一刻も早く、多くの方が接種を終え、通常の生活が戻ってくることを願っています。


IMG_8596.jpg




記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

シェーファー玲子

ドイツ・ライプツィヒ特派員のシェーファー玲子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ドイツドイツ/ライプツィヒ特派員
名前:シェーファー玲子

シェーファー玲子

2008年夏よりドイツ中東部の町ライプツィヒ在住。その前は12年間ベルリン、そして学生時代はミュンヘンに留学していた神戸生まれの関西人。日本でも神戸のドイツ総領事館に勤務するなど、ずっとドイツと関わってきた。ドイツ移住後は謀テレビ局ベルリン支局にて2017年秋まで勤務。現在はライプツィヒにてフリーランスと主婦業に従事している。個人ブログ「ライプチヒで独逸日記」もよろしければご訪問ください! お問合せ・ご連絡はこちらまで。 DISQUS ID @disqus_vXOimP5ytn

ライプツィヒ特派員トップにもどる

その他のドイツの特派員

ライプツィヒを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ライプツィヒ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ドイツ > ライプツィヒ特派員 > ドイツで、ワクチン接種者とコロナ感染からの回復者は制限措置が緩和へ

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について