トップ > ヨーロッパ > ドイツ > ライプツィヒ特派員 > ドイツへ入国の際に、航空機搭乗前のコロナ検査陰性証明書が必要になります!

ドイツドイツ/ライプツィヒ特派員ブログ

ドイツへ入国の際に、航空機搭乗前のコロナ検査陰性証明書が必要になります!

カテゴリー:お知らせ 投稿日:2021年4月 4日

これまで日本からの入国者に対しては、危険地域に指定されていないため、隔離などの水際対策措置が取られていませんでした。

しかし、2021年3月30日から、ドイツへ入国するすべての人に対して、航空機への搭乗手続きの際に、ドイツ入国48時間以内に実施したコロナ検査の陰性証明書を提出することが必要になりました。

そして、この陰性証明書がない場合は、航空機に搭乗することができません

また、コロナ検査にかかる費用は自己負担となり、この新な措置はさしあたり5月12日まで実施となります。



コロナ検査の基準は、日本で行われていPCR検査、LAMP検査、TMA検査のいずれかの検査であれば、有効となります。

また、検査結果については、英語、ドイツ語、フランス語のいずれかの言語で書類もしくは電子データにて提示する必要があります。

ただし、搭乗前に検査結果の入手ができない場合には、航空会社が検査を行うことも可能とされています。




変異株の猛威が続くなか、ドイツも水際対策を強化することになったようです。

この時期、ドイツへ入国する予定のある方は、どうぞご注意ください。


IMG_8401.JPG




記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

シェ-ファ-玲子

ドイツ・ライプツィヒ特派員のシェ-ファ-玲子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ドイツドイツ/ライプツィヒ特派員
名前:シェ-ファ-玲子

シェ-ファ-玲子

2008年夏よりドイツ中東部の町ライプツィヒ在住。その前は12年間ベルリン、そして学生時代はミュンヘンに留学していた神戸生まれの関西人。日本でも神戸のドイツ総領事館に勤務するなど、ずっとドイツと関わってきた。ドイツ移住後は謀テレビ局ベルリン支局にて2017年秋まで勤務。現在はライプツィヒにてフリ-ランスと主婦業に従事している。個人ブログ「ライプチヒで独逸日記」もよろしければご訪問ください! お問合せ・ご連絡はこちらまで。 DISQUS ID @disqus_vXOimP5ytn

ライプツィヒ特派員トップにもどる

その他のドイツの特派員

ライプツィヒを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ライプツィヒ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ドイツ > ライプツィヒ特派員 > ドイツへ入国の際に、航空機搭乗前のコロナ検査陰性証明書が必要になります!

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について