トップ > ヨーロッパ > ドイツ > ライプツィヒ特派員 > ザクセン州でのコロナ最新防疫対策。危険地域からの人々の宿泊規制が義務化に!

ドイツドイツ/ライプツィヒ特派員ブログ

ザクセン州でのコロナ最新防疫対策。危険地域からの人々の宿泊規制が義務化に!

カテゴリー:お知らせ / 生活・習慣・マナー 投稿日:2020年10月15日

2020年10月13日にザクセン州が最新防疫対策を発表しました。

これまでとほとんど変わりありませんが、ザクセン州を訪れる人々にとっては以下の点が特に重要な規定になります。

これまでと同様、特定の公共の場でのマスク(口と鼻を覆うもの)の着用義務がありあます。

たとえば、公共交通機関や店舗内などがそれにあたります。

また、観光バスでは、1.5mの対人感覚が確保できない場合には、マスク着用の義務があります。

ただし、6歳以下の子供と健康上の制約などのためにマスク着用が困難な人は免除されます。


外国からザクセン州へ入域する場合に、ロベルト・コッホ研究所が指定するリスク地域に入国前14日以内に滞在していた場合には、14日間の自宅隔離が義務づけられます。



さらに、宿泊施設は、10万人あたりの過去7日間の新規感染者数の累積数が50を超えている市や郡から入域する人やその居住者に対しては、宿泊を許可してはならないことになりました。

とりわけこの点は、今回新たな規定となります。



旅行業界のダメ-ジがますます否めない状態となっているのが懸念されます。

なんとか収束に向かってくれることを祈るばかりです。

皆様、自宅で過ごされることがまだまだ多いかと思いますが、きれいなお花などで心を癒やしつつ、引き続きご自愛くださいね。


IMG_7288.jpg



記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

シェ-ファ-玲子

ドイツ・ライプツィヒ特派員のシェ-ファ-玲子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ドイツドイツ/ライプツィヒ特派員
名前:シェ-ファ-玲子

シェ-ファ-玲子

2008年夏よりドイツ中東部の町ライプツィヒ在住。その前は12年間ベルリン、そして学生時代はミュンヘンに留学していた神戸生まれの関西人。日本でも神戸のドイツ総領事館に勤務するなど、ずっとドイツと関わってきた。ドイツ移住後は謀テレビ局ベルリン支局にて2017年秋まで勤務。現在はライプツィヒにてフリ-ランスと主婦業に従事している。個人ブログ「ライプチヒで独逸日記」もよろしければご訪問ください! お問合せ・ご連絡はこちらまで。 DISQUS ID @disqus_vXOimP5ytn

ライプツィヒ特派員トップにもどる

その他のドイツの特派員

ライプツィヒを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ライプツィヒ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ドイツ > ライプツィヒ特派員 > ザクセン州でのコロナ最新防疫対策。危険地域からの人々の宿泊規制が義務化に!

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について