トップ > ヨーロッパ > ドイツ > ライプツィヒ特派員 > 新型コロナ新規感染者数増加傾向にあるドイツ。最近の対策情報!

ドイツドイツ/ライプツィヒ特派員ブログ

新型コロナ新規感染者数増加傾向にあるドイツ。最近の対策情報!

カテゴリー:生活・習慣・マナー 投稿日:2020年10月 7日

ドイツの新型コロナ感染状況は、第一波の際の規模ではないですが増加傾向にあります。

目下のところ、ロバ-トコッホ研究所が指定する国外のリスク地域からの入国の際には、2週間の隔離が義務化されています。

しかし、ドイツの各州が、ドイツ国内においても感染者数が増加している地域をリスク地域に指定し、国外のリスク地域からの入国に準じた規制措置(14日間の自宅隔離など)をとることが可能となりました。



ドイツにおける基準となる数値は、過去7日間の人口10万人あたりの新規感染者数が50人を超えるかどうかになります。

例えばベルリンの場合、中心部の3つの区、ミッテ、ノイケルン、フリ-ドリッヒハイン・ノイケルンは基準値の50人を超えています(2020年10月5日現在)。

そのため、州によってはこれらの地域をリスク地域と指定して、2週間の隔離を義務づけているところもあります。

ちなみに、ライプツィヒのあるザクセン州は、国内のリスク地域からの人々に対する規制措置は定められていません。ただし、宿泊施設などでの宿泊拒否となる可能性は否めないとのこと。



Mask.jpg



日常生活では、マスクの着用が公共交通機関や店舗では義務づけられており、違反者は罰金が科せられます。

また、レストランなどでは入店の際に顧客リストへの記入が求められることがありあすが、それに誤った個人情報を記入した際には、最低€50の反則金が科せられます。


冬に向かって感染状況がどうなっていくのか、不安もよぎりますが皆さんどうぞご自愛くださいませ。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

シェ-ファ-玲子

ドイツ・ライプツィヒ特派員のシェ-ファ-玲子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ドイツドイツ/ライプツィヒ特派員
名前:シェ-ファ-玲子

シェ-ファ-玲子

2008年夏よりドイツ中東部の町ライプツィヒ在住。その前は12年間ベルリン、そして学生時代はミュンヘンに留学していた神戸生まれの関西人。日本でも神戸のドイツ総領事館に勤務するなど、ずっとドイツと関わってきた。ドイツ移住後は謀テレビ局ベルリン支局にて2017年秋まで勤務。現在はライプツィヒにてフリ-ランスと主婦業に従事している。個人ブログ「ライプチヒで独逸日記」もよろしければご訪問ください! お問合せ・ご連絡はこちらまで。 DISQUS ID @disqus_vXOimP5ytn

ライプツィヒ特派員トップにもどる

その他のドイツの特派員

ライプツィヒを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ライプツィヒ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ドイツ > ライプツィヒ特派員 > 新型コロナ新規感染者数増加傾向にあるドイツ。最近の対策情報!

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について