トップ > ヨーロッパ > ドイツ > ライプツィヒ特派員 > キノコの季節のドイツ。2020年は巨大な食用キノコも発見!!

ドイツドイツ/ライプツィヒ特派員ブログ

キノコの季節のドイツ。2020年は巨大な食用キノコも発見!!

カテゴリー:生活・習慣・マナー 投稿日:2020年9月28日

ドイツも味覚の秋。いろいろなキノコが食せる季節です。

少し前には、ライプツィヒのマルクトでもポルチーニ(ドイツ語ではシュタインピルツ)がたくさん売られていました。

markt.jpg




私は毎年、森に行ってキノコ狩りを楽しみます。

2020年もさっそく行ってきました。

キノコの王様ポルチーニは、私も大好物。

まだ若い、地上に出たてのポルチーニを数本ゲットできました。

steinpilz.jpg



その日はさっそく、ポルチーニのパスタを作って味わいましたよ。

pasta.jpg




ある日、いつもとは違う森に行ってみました。

そこではじめて発見したのが、巨大なキノコ、リーゼンボヴィスト。日本語ではオニフスベだと思われます。

riesenbovist.jpg



サッカーボールよりもひと回り大きく、重さはなんと2.3kg!

フレッシュなうちは中も雪のように真っ白で、食べることができましすが、古くなると中は粉末状になってしまい、食べることはできません。

halbiert.jpg



中身も真白でマシュマロのような感じ。

シュニッツェルにして味わいました。


schnitzel.jpg



そのほか、パラソルのような形をしたその名もパラゾールという食用キノコもゲット。

parasole.jpg



お天気にもよりますが、10月末まで、森でキノコ狩りが楽しめます。



記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

シェ-ファ-玲子

ドイツ・ライプツィヒ特派員のシェ-ファ-玲子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ドイツドイツ/ライプツィヒ特派員
名前:シェ-ファ-玲子

シェ-ファ-玲子

2008年夏よりドイツ中東部の町ライプツィヒ在住。その前は12年間ベルリン、そして学生時代はミュンヘンに留学していた神戸生まれの関西人。日本でも神戸のドイツ総領事館に勤務するなど、ずっとドイツと関わってきた。ドイツ移住後は謀テレビ局ベルリン支局にて2017年秋まで勤務。現在はライプツィヒにてフリ-ランスと主婦業に従事している。個人ブログ「ライプチヒで独逸日記」もよろしければご訪問ください! お問合せ・ご連絡はこちらまで。 DISQUS ID @disqus_vXOimP5ytn

ライプツィヒ特派員トップにもどる

その他のドイツの特派員

ライプツィヒを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ライプツィヒ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ドイツ > ライプツィヒ特派員 > キノコの季節のドイツ。2020年は巨大な食用キノコも発見!!

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について