トップ > ヨーロッパ > ドイツ > ライプツィヒ特派員 > コロナ禍のドイツでの日常生活いろいろ

ドイツドイツ/ライプツィヒ特派員ブログ

コロナ禍のドイツでの日常生活いろいろ

カテゴリー:生活・習慣・マナー 投稿日:2020年9月 9日

ロックダウン後8月に入ってから、新たなコロナ感染者数が増加傾向にあったドイツですが、このところまた少しおさまりつつあります。いずれにしろ、第一波のときのレベルではまったくありませんので、全体としてはそれほど深刻ではなく、人々はそれなりにコロナ禍の生活に慣れつつあるようです。



そんな現在のドイツでのコロナ禍の生活を、少し紹介したいと思います。

目下のところドイツは公共交通機関や屋内での買い物の際には、マスク着用が義務となっております。違反すると、最低€50の罰金が科されますが、罰金額は各州で多少違うようです。

たとえば、市電のなかではひとりとして違反することなく、マスクをして間隔をおいて座っています。


Tram.jpg



ただ、日本と同様、朝の通勤時間などは、さすがに間隔をおくのは難しいでしょうけどね。




また、ドイツ人が毎週日曜日の礼拝に訪れる教会では、2mの間隔を置くところが多く、一列おきに座るよう指示されています。

Kirche Oberelchingen.jpg



たとえば、この南ドイツの田舎町、オーバエルヒンゲンにあるカトリック教会では、オレンジ色のシールが貼られているところは座ってはいけないところで、白いシールのところは、「同一世帯の人、4人まで」と書かれています。


Sitzplatz.jpg




さて、いろいろなサークルもそろそろ活動再開となってきていますが、最も懸念されていた合唱活動も、室内での練習が徐々に可能となっています。

先日、私が所属する合唱団もある教会を借りて練習を行いました。

Chorprobe.jpg



やはり、2mの間隔を置くことが義務づけられていますので、一列おきに座り、また各列もふたりまたは3人で座って行いました。

頻繁に空気を入れ替えることが奨励されていますが、教会では難しいため代わりに頻繁に休憩をとっていました。

合唱活動は、本来隣の人の歌声を聞きながら自分の歌声を合わせていくことが大切ですから、離れて座って歌うのは理想的ではないのですが、この条件では仕方がないですね。

このように、ドイツの日常生活もコロナと共生を工夫しながら、さまざまな活動が再開されつつあります。






記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

シェ-ファ-玲子

ドイツ・ライプツィヒ特派員のシェ-ファ-玲子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ドイツドイツ/ライプツィヒ特派員
名前:シェ-ファ-玲子

シェ-ファ-玲子

2008年夏よりドイツ中東部の町ライプツィヒ在住。その前は12年間ベルリン、そして学生時代はミュンヘンに留学していた神戸生まれの関西人。日本でも神戸のドイツ総領事館に勤務するなど、ずっとドイツと関わってきた。ドイツ移住後は謀テレビ局ベルリン支局にて2017年秋まで勤務。現在はライプツィヒにてフリ-ランスと主婦業に従事している。個人ブログ「ライプチヒで独逸日記」もよろしければご訪問ください! お問合せ・ご連絡はこちらまで。 DISQUS ID @disqus_vXOimP5ytn

ライプツィヒ特派員トップにもどる

その他のドイツの特派員

ライプツィヒを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ライプツィヒ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ドイツ > ライプツィヒ特派員 > コロナ禍のドイツでの日常生活いろいろ

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について