トップ > ヨーロッパ > ドイツ > ライプツィヒ特派員 > 必見!南チロルの村Prad am Stilfserjochにたたずむ古い教会St.Johannとその壁画!週に1時間だけ公開!

ドイツドイツ/ライプツィヒ特派員ブログ

必見!南チロルの村Prad am Stilfserjochにたたずむ古い教会St.Johannとその壁画!週に1時間だけ公開!

カテゴリー:見所・観光・定番スポット 投稿日:2020年8月22日

南チロル(イタリア)は山があるだけでなく、いくつかの村にはロマネスク様式の古い教会が点在します。

先日もひとつ紹介しましたが、もうひとつ、ちょうど私たちが宿泊したPrad am Stilfserjochというところの村はずれにある教会も必見です。

村の中心から南東に向かって行くと牧草が広がり、そこにひっそりたたずむ小さな教会サンクト・ヨハンがあります。

Gaikan.jpg



13世紀末にチェンゲルスベルグ伯爵によってロマネスク様式で建てられた教会。

時代を経て、さまざまな様式も加わっています。

守護聖人としては、福音史家のヨハネスと洗礼者のヨハネスが祭られています。


教会のなかに足を踏み入れると、板張りの床に古い椅子が並んでいて、大昔にストリップしたような気分になります。

naibu.jpg

撮影:ライプツィヒ特派員シェ-ファ-玲子(承諾済)


また、教会内部はすばらしいゴッシク壁画が残されており必見!


Hekiga saidan.jpg

撮影:ライプツィヒ特派員シェ-ファ-玲子(承諾済)



Hekiga oku.jpg
撮影:ライプツィヒ特派員シェ-ファ-玲子(承諾済)

Hekiga saido.jpg
撮影:ライプツィヒ特派員シェ-ファ-玲子(承諾済)


見学は週に1度行われる無料のガイドツア-でのみ可能。

5月から9月の間、毎週火曜日10時から行われますが、そのほかの季節は閉まっています。

残念ながらガイドはドイツ語だけですが、中の壁画を見るだけでも入る価値ありです。

コロナが収束して、南チロルにお出かけの方はうまく時間を合わせてこの教会を見学されるのをおすすめします!




■St. Johannes 教会

・住所: Kreuzweg4C

39026 Pad am Stilfserjoch

・Tel.: +39-0473616034

・時間: 5月から9月までの毎週火曜日10:00〜11:00

※無料ガイドツアーでのみ見学可




この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

シェ-ファ-玲子

ドイツ・ライプツィヒ特派員のシェ-ファ-玲子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ドイツドイツ/ライプツィヒ特派員
名前:シェ-ファ-玲子

シェ-ファ-玲子

2008年夏よりドイツ中東部の町ライプツィヒ在住。その前は12年間ベルリン、そして学生時代はミュンヘンに留学していた神戸生まれの関西人。日本でも神戸のドイツ総領事館に勤務するなど、ずっとドイツと関わってきた。ドイツ移住後は謀テレビ局ベルリン支局にて2017年秋まで勤務。現在はライプツィヒにてフリ-ランスと主婦業に従事している。個人ブログ「ライプチヒで独逸日記」もよろしければご訪問ください! お問合せ・ご連絡はこちらまで。 DISQUS ID @disqus_vXOimP5ytn

ライプツィヒ特派員トップにもどる

その他のドイツの特派員

ライプツィヒを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ライプツィヒ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ドイツ > ライプツィヒ特派員 > 必見!南チロルの村Prad am Stilfserjochにたたずむ古い教会St.Johannとその壁画!週に1時間だけ公開!

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について