トップ > ヨーロッパ > ドイツ > ライプツィヒ特派員 > ボーツェンの博物館でアイスマンを見に行こう!すぐに入れるおすすめ方法を伝授!

ドイツドイツ/ライプツィヒ特派員ブログ

ボーツェンの博物館でアイスマンを見に行こう!すぐに入れるおすすめ方法を伝授!

カテゴリー:見所・観光・定番スポット 投稿日:2020年8月15日

南チロルの山、エッツ渓谷の氷河で1991年に発見された5300年前のミイラ、エッツィ。

日本ではアイスマンとして知られているかと思います。

このアイスマンが展示されている博物館が南チロルの町、イタリアのボーツェン(イタリア語でボルツァーノ)にあります。

南チロル考古学博物館。

というか、このアイスマンを展示するために設置された博物館です。



博物館には、アイスマンのミイラからどんな人間だったかを復元した模型も展示されていて、今やこの姿がシンボルとなっています。

Eisman.jpg

撮影:Die Rekonstruktion des Mannes aus dem Eis © Südtiroler Archäologiemuseum/Ochsenreiter



ミイラのアイスマン自体は冷凍室に寝かされており、訪問者は小さな窓から見ることができます。

Kühlraum.jpg

撮影:Vitrinenfenster zur Kühlzelle des Mannes aus dem Eis © Südtiroler Archäologiemuseum/Ochsenreiter



そのほか、アイスマン発見時の様子や、一緒に発見された衣類や狩りの道具などもすべて展示されていて、たいへん興味深い内容となっています。


こちらは帽子

Mütze.jpg
撮影:Dauerausstellung Ötzis Bärenfellmütze © Südtiroler Archäologiemuseum/foto-dpi.com



また、こちらは矢筒と入っていた矢。

Feile.jpg
撮影:Dauerausstellung Köcher mit Pfeilen © Südtiroler Archäologiemuseum/foto-dpi.com

さらに、これまでのさまざまな調査が行われ、例えばアイスマンに入れ墨があることや、乳製品を受けつけない体質であった、また左肩に矢を刺されて殺害されたことなど、さまざまな詳細が明らかとなっており、それら興味深い研究成果も知ることができます。


この世紀の大発見であるアイスマンですが、冷蔵保存が必要なためほかのミイラと違い、ほかの博物館への借用はほぼ不可能だと思われます。ですので、このボーツェンの博物館でしか見ることができない、貴重なミイラ。

私も、今回南チロルに行ったついでに、行ってみました。

今回はコロナの影響で入場制限もあってか、入口でものすごい人が行列をなしていましたが、どうやらコロナに関係なく、常に入口は行列をなしているそうです。

Iriguchi.jpg



でも、並ぶのは御免という方には、朗報があります!

それは、ネットで事前にチケットを購入する方法です。

ただし、支払いにはクレジットカードが必要になりますので、注意してください。

以下、その方法を案内しますね。



まず、南チロル考古学博物館のウェブサイトから、Info&ticket → Online ticket をクリック。

そして一番下までスクロールして、to the webshop をクリックします。

Entrance for adultのところに人数を設定して、買い物かごアイコンをクリックすると、カレンダーが表示されます。

翌日分から予約可能で、希望の日をクリックすると10時から17時までの時間帯が表示されます。

人数制限がありますので、すでに詰まっている時間帯は予約ができません。

たとえば、10時から11時の間という時間帯を予約すると、その時間に入場可能ということです。入場後は何時間でも滞在可能です。

チケットはスマートフォンで提示しても大丈夫です。

ただ、このオンラインチケットは変更などは不可ですので注意してくださいね。

もし予約した時間帯に行けなくなった場合でも、チケットとしては有効ということです。




コロナが収束して、ボ-ツェンでアイスマンを見に行かれる際には、ぜひこの裏技で待ち時間なしで快適に入場するのをおすすめします!


■Südtiroler Archäologimuseum

・住所: Museumstraße, 43,

39100 Bozen,

Südtirol,

Italien

・URL: https://www.iceman.it/en/

・入館料: €9

・休館日: 月曜





この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

シェ-ファ-玲子

ドイツ・ライプツィヒ特派員のシェ-ファ-玲子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ドイツドイツ/ライプツィヒ特派員
名前:シェ-ファ-玲子

シェ-ファ-玲子

2008年夏よりドイツ中東部の町ライプツィヒ在住。その前は12年間ベルリン、そして学生時代はミュンヘンに留学していた神戸生まれの関西人。日本でも神戸のドイツ総領事館に勤務するなど、ずっとドイツと関わってきた。ドイツ移住後は謀テレビ局ベルリン支局にて2017年秋まで勤務。現在はライプツィヒにてフリ-ランスと主婦業に従事している。個人ブログ「ライプチヒで独逸日記」もよろしければご訪問ください! お問合せ・ご連絡はこちらまで。 DISQUS ID @disqus_vXOimP5ytn

ライプツィヒ特派員トップにもどる

その他のドイツの特派員

ライプツィヒを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ライプツィヒ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ドイツ > ライプツィヒ特派員 > ボーツェンの博物館でアイスマンを見に行こう!すぐに入れるおすすめ方法を伝授!

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について