トップ > ヨーロッパ > ドイツ > ライプツィヒ特派員 > ライプツィヒ、ゴーリス地区の小さなグルメレストランDrogerie

ドイツドイツ/ライプツィヒ特派員ブログ

ライプツィヒ、ゴーリス地区の小さなグルメレストランDrogerie

カテゴリー:レストラン・料理・食材 投稿日:2020年7月25日

新型コロナウイルスが収束したら行っていただきたい、ライプツィヒのグルメレストランを紹介します。

ライプツィヒの町なかから少し北に位置するゴ-リス地区。

ゴ-リス城やシラ-ハウスといったライプツィヒの観光名所もある地域です。

この地区にはいつくかのグルメレストランがありますが、そのうちのひとつがDrogerie(ドロゲリ-)。ドラッグストアーという名のレストランです。

Aussen.jpg



建物自体は古く19世紀初めに建てられたもので、当時はその名の通りドラッグストア-だったそうです。

そのあと持ち主が変わり、1998年には大がかりな改装が行われ、当時のレトロな要素を残したレストランに変身しました。
外観もとてもすてきです。




週末は予約をしないとなかなか入れないグルメレストランですが、比較的空いている平日に行ってみました。

店内は、こじんまりとしてレトロな雰囲気を残した居心地のいい空間。

Innen1.jpg



奥には冬場は暖炉に火がともり、ゆったりとした時間が流れる感じです。

Innen2.jpg



さて、料理はまず前菜のラムの背肉のローストアボカドにベリー系のソース。


Vorspeise.jpg



そして私のメインはビーフ煮込みにゼンメルクヌーデル。赤ワインとキノコノソース。



Beaf.jpg


主人のメインは鶏肉の生ハムとチーズ詰めとタグリアテラ。

Hänchen.jpg



全体にあっさりとした味で、塩も控えめなお料理です。



メニューは毎日変わるようで、提供されるお料理はスープが2種類、前菜2種類、メインが5種類というふうに種類多くありませんが、新鮮な素材を使った料理です。

値段はメイン料理でひと皿だいたい€30前後と、さすがはグルメレストランのお値段ですが、それぞれ好きなものを組み合わせて、コ-ス料理にすることも可能で、そうすると少しリーズナブルになります。



ウエイターもとても感じのいいサービスを提供してくれました。



レストランの2軒隣は、観光名所のひとつのシラーハウス。近くにはゴーリス城やローゼンタールという公園もあります。

コロナが収束してライプツィヒに来られましたら、ゴーリス地区へ観光に来られるついでに、さなグルメレストランDrogerieですてきな夜はいかがでしょうか?



■Drogerie Leipzig

・住所: Shillerweg 36

04155 Leipzig

・Tel.: 0341-22286466

・営業時間: 月〜木 18:00〜、金〜土 17:30〜

・定休日: 日曜



・最寄りの駅: 市電4番Am Mückenschlösschen下車すぐ(中央駅から5つ目の停留所)





記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

シェ-ファ-玲子

ドイツ・ライプツィヒ特派員のシェ-ファ-玲子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ドイツドイツ/ライプツィヒ特派員
名前:シェ-ファ-玲子

シェ-ファ-玲子

2008年夏よりドイツ中東部の町ライプツィヒ在住。その前は12年間ベルリン、そして学生時代はミュンヘンに留学していた神戸生まれの関西人。日本でも神戸のドイツ総領事館に勤務するなど、ずっとドイツと関わってきた。ドイツ移住後は謀テレビ局ベルリン支局にて2017年秋まで勤務。現在はライプツィヒにてフリ-ランスと主婦業に従事している。個人ブログ「ライプチヒで独逸日記」もよろしければご訪問ください! お問合せ・ご連絡はこちらまで。 DISQUS ID @disqus_vXOimP5ytn

ライプツィヒ特派員トップにもどる

その他のドイツの特派員

ライプツィヒを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ライプツィヒ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ドイツ > ライプツィヒ特派員 > ライプツィヒ、ゴーリス地区の小さなグルメレストランDrogerie

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について