トップ > ヨーロッパ > ドイツ > ライプツィヒ特派員 > バレンタインデーにライプツィヒでロマンティックなひとときはいかが?

ドイツドイツ/ライプツィヒ特派員ブログ

バレンタインデーにライプツィヒでロマンティックなひとときはいかが?

カテゴリー:お知らせ / イベント・行事・お祭り / 文化・芸術・美術 投稿日:2020年2月 6日

昨年生誕200年記念を迎えたライプツィヒ生まれのピアニスト、クララ・シューマン。当時のドイツでは著名な女性ピアニストでしたが、その夫は皆さんご存知のロバート・シューマンです。

このふたりは新婚生活をライプツィヒで過ごしました。

1840年9月12日に結婚式を行った教会が、ライプツィヒの北部Schönefeld(シェーネフェルド)という地域にあります。

この教会では、バレンタインデーの2月14日にクララとロバートにちなんだ音楽や手紙の朗読、お祈りなどが催されます。

Flyer.jpg



ところで、なぜふたりは町中ではなく、少し離れた教会で結婚式をあげることになったのでしょうか? それにはふたつの理由があります。

ひとつはこの教会の当時の牧師Karl August Wildenhahnとロバ-ト・シューマンが、同郷ツヴィッカウでともに学校時代を過ごした仲だったということ。

もうひとつは当時クララの結婚を反対していた父親が裁判を起こし、父親が敗北したため結婚ができることになったのですが、ふたりは挙式の場を父親のいる町から少し離れたところにしたかったためだそうです。

Gedächtniskirche.jpg

撮影 Fotografer:Andreas Schmidt



シューマンがお好きな方や音楽好きの方で、この時期ライプツィヒにいらっしゃる予定の方は、少し珍しい催しですがこの由緒ある教会に足を運ばれて

ロマンチックな夕べを過ごされてはいかがでしょうか?




【Clara liebt Roert liebt Clara】

開催日時: 2020年02月14日 19:30から

開催教会名:Gedächtniskirche Schönefeld

Ossietzkystraße 41 (Zeumerstraßeの道との角)

04357 Leipzig




この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

シェ-ファ-玲子

ドイツ・ライプツィヒ特派員のシェ-ファ-玲子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ドイツドイツ/ライプツィヒ特派員
名前:シェ-ファ-玲子

シェ-ファ-玲子

2008年夏よりドイツ中東部の町ライプツィヒ在住。その前は12年間ベルリン、そして学生時代はミュンヘンに留学していた神戸生まれの関西人。日本でも神戸のドイツ総領事館に勤務するなど、ずっとドイツと関わってきた。ドイツ移住後は謀テレビ局ベルリン支局にて2017年秋まで勤務。現在はライプツィヒにてフリ-ランスと主婦業に従事している。個人ブログ「ライプチヒで独逸日記」もよろしければご訪問ください! お問合せ・ご連絡はこちらまで。 DISQUS ID @disqus_vXOimP5ytn

ライプツィヒ特派員トップにもどる

その他のドイツの特派員

ライプツィヒを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ライプツィヒ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ドイツ > ライプツィヒ特派員 > バレンタインデーにライプツィヒでロマンティックなひとときはいかが?

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について