トップ > ヨーロッパ > ドイツ > ライプツィヒ特派員 > ライプツィヒ・バッハ博物館で、バッハにまつわる3人の女性音楽家の特別展開催中!

ドイツドイツ/ライプツィヒ特派員ブログ

ライプツィヒ・バッハ博物館で、バッハにまつわる3人の女性音楽家の特別展開催中!

カテゴリー:文化・芸術・美術 投稿日:2019年9月25日

皆さんご存知のドイツロマン派の作曲家シュ-マン。その奥さんであるクララ・シュ-マンはライプツィヒ生まれの大ピアニストでした。小さい頃から神童と言われ、当時の有名なピアニストとして生涯活躍しました。このブログでも何度かご紹介しておりますが、今年はクララ・シュ-マン生誕200年の記念の年にあたります。

ライプツィヒでは、それを機にさまざまな催しが行われていますが、バッハ博物館でもそれにちなんだ特別展が開催されています。



特別展はバッハ博物館に入って左手奥の部屋。

iriguchi.jpg



この特別展は、バッハにちなんだ3人の女性音楽家をテーマとしています。


Ausstellung 3 bach.jpg

撮影:©Bach-Museum Leipzig/Brigitte Braun

一人目は、バッハの二人目の奥さんだったアナ・マグダレ-ナ・バッハ(1701-1760)。宮廷トランペット奏者の娘として育ち、宮廷歌手として活躍。ちなみにアナの給与は16タ-ラだったのに対して、バッハは33タ-ラ稼いでいたそうです。

そういた帳簿のオリジナルも展示されています。

Ausstellung1.jpg

撮影:©Bach-Museum Leipzig/Brigitte Braun


2人目は、メンデルスゾ-ンのお姉さんである、ファニ-・ヘンゼル(1805-1847)。兄フェリックスと同様、子供のころから音楽教育を受け、ピアニストとして、そして兄フェリックスに劣らぬ作曲家として活躍。共にバッハの曲に注目し、当時忘れ去られていたバッハの曲の復興に貢献しました。

ちなみに、1829年3月11日に、バッハ没後初めてメンデルスゾ-ンの指揮でマタイ受難曲がベルリンで演奏されましたが、その時にはファニ-もアルトとして合唱で参加していたそうです。これを機に、忘れ去られていた大オラトリオ、マタイ受難曲が再び日の目を見るようになったのです。

ライプツィヒでは約10年おくれて1841年4月4日に演奏されたそうですが、その時の手書きのアルトの楽譜も展示されています。

また、メンデルスゾ-ンが作曲したものとは別に、ファニ-が作曲した「賛歌」のオリジナル楽譜も展示されています。




3人目はシュ-マンの奥さん、クララ・シュ-マン(1819-1896).
クララもやはりバッハにのめりこみ、夫婦でバッハの勉強を熱心に行っていたそうです。

上記、ライプツィヒでのマタイ受難曲の演奏会のには、夫婦そろってト-マス教会へ聴きに行ったそうですが、席が悪くて良く聞こえなかったので、一部が終了後は帰宅したと、当時の日記に書かれているそうです。そのシュ-マン夫妻の日記の第一巻もオリジナルで展示されています。

Anna und Klara.jpg

撮影:©Bach-Museum Leipzig/Brigitte Braun

(左からファニ-・ヘンゼル、クララ・シュ-マン)

その他手紙などオリジナルの展示物も多く、またすべて英語での説明も併記されています。

Ausstellung 2.jpg

撮影:©Bach-Museum Leipzig/Brigitte Braun


バッハにまつわる3人の女性音楽家の特別展。8月終わりから始まりましたが、来年の1月19日まで展示されます。バッハ博物館をこの時期訪問される方は、是非この特別展にも立ち寄ってみてくださいね。


ライプツィヒ・バッハ博物館

Bach Museum Leipzig

Thomaskirchhof 15/16

04109 Leipzig

特別展Anna Magdalena Bah, Fanny Hensel, Clara Shumann

開催期間 2019.08.23 - 2020.01.19

開館時間: 火-日曜日 10-18時

入場料 8ユ-ロ、子供16歳まで無料

毎月第一火曜日は入場無料



記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

シェ-ファ-玲子

ドイツ・ライプツィヒ特派員のシェ-ファ-玲子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

おすすめ記事

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ドイツドイツ/ライプツィヒ特派員
名前:シェ-ファ-玲子

シェ-ファ-玲子

2008年夏よりドイツ中東部の町ライプツィヒ在住。その前は12年間ベルリン、そして学生時代はミュンヘンに留学していた神戸生まれの関西人。日本でも神戸のドイツ総領事館に勤務するなど、ずっとドイツと関わってきた。ドイツ移住後は謀テレビ局ベルリン支局にて2017年秋まで勤務。現在はライプツィヒにてフリ-ランスと主婦業に従事している。個人ブログ「ライプチヒで独逸日記」もよろしければご訪問ください! お問合せ・ご連絡はこちらまで。 DISQUS ID @disqus_vXOimP5ytn

ライプツィヒ特派員トップにもどる

その他のドイツの特派員

ライプツィヒを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ライプツィヒ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ドイツ > ライプツィヒ特派員 > ライプツィヒ・バッハ博物館で、バッハにまつわる3人の女性音楽家の特別展開催中!

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について