トップ > ヨーロッパ > ドイツ > ライプツィヒ特派員 > シュ-マンのファンなら必見!ツヴィッカウにあるシュ-マン・ハウスは見所がいっぱい!

ドイツドイツ/ライプツィヒ特派員ブログ

シュ-マンのファンなら必見!ツヴィッカウにあるシュ-マン・ハウスは見所がいっぱい!

カテゴリー:エンターテイメント・音楽・ショー / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2019年8月 5日

ライプチィヒから東へ約50キロのところにある小さな町、ツヴィッカウ。

そこは、ドイツ・ロマン派の作曲家、ロバ-ト・シュ-マンが生まれた町でもあります。

Statue von Schuman.jpg



生家はマルクト広場のすぐ近くの角の建物で、その向こうにはシュ-マンが洗礼を受けた

教会の塔が見えます。

Stad Gaikan.jpg

この建物がロベルト・シュ-マンの生家。1810年6月8日にここで生を受けました。


Tatemono 2019-06-15 15 25 30.jpg


現存する建物は当時のものではなく、当時の形に忠実に再建したもので、シュ-マン没100年の年にあたる1956年に博物館シュ-マン・ハウスとしてオープンしました。

一階は室内楽ホ-ルが設置され、さまざまな催しが開催されています。

常設展示は、階段を上がって二階へ。

Ausstelllung.jpg

撮影:ライプツィヒ特派員シェ-ファ-玲子(承諾済)

シュ-マンの子供時代、少年期、クララとの結婚後など、時代を追ってさまざまな文書やオリジナルの展示物を目にすることができます。

結婚前にクララがロバ-トに送った自分の髪の毛もあります。

たとえば、こちらは豪華なお皿。

Teller.jpg

撮影:ライプツィヒ特派員シェ-ファ-玲子(承諾済)

お皿には、新婚時代を過ごしたライプツィヒの名所が描かれています。

こちらは、ロベルトが愛用していたビ-ルジョッキ。

Bierkrug.jpg

撮影:ライプツィヒ特派員シェ-ファ-玲子(承諾済)

また、オリジナルの楽譜の下書きも展示されていて興味深いです。

こちらの楽譜の歌は、皆さんも中学校高校時代に耳にされたのではないでしょうか。



Note.jpg

撮影:ライプツィヒ特派員シェ-ファ-玲子(承諾済)

「流浪の民」の下書きです。

最後の部屋が、ロベルト・シュ-マンが生まれた部屋の再現。

Geburtsraum.jpg

撮影:ライプツィヒ特派員シェ-ファ-玲子(承諾済)


またこの部屋に展示されているものは、すべてロベルトとクララが実際に使っていた物。たとえばここにあるピアノは、1827年にアンドレア・シュタインがウイ-ンで製作したもので、クララが9歳の時にライプツィヒのゲヴァンドハウスで初めてリサイタルをしたときのものだそうです。

当時、若くして才能を発揮した天才ピアニストとして知られていたクララ・シュ-マン。今年は生誕200年にあたります。

ちなみに、その美しい音色を奏でたクララの右手の石膏模型もありました。1861年に製作されたものだとか。

Hand.jpg

撮影:ライプツィヒ特派員シェ-ファ-玲子(承諾済)

当時の天才ピアニストの手ですね。



ちなみに、ライプツィヒでシュ-マンとクララが新婚当時住んでいたアパ-トも、シュ-マンハウスとして公開されています。建物は当時のままを修復したものですが、オリジナルの展示物はここほど多くはありません。

ツヴィッカウのシュ-マンハウスは、じっくり回ると何時間でも過ごせるほど、大変充実した展示。世界最大のシュ-マン博物館といっても過言ではないですね。

クラシック音楽ファンの方には是非とも立ち寄っていただきたいと思います。


Relief C&R.jpg

撮影:ライプツィヒ特派員シェ-ファ-玲子(承諾済)



ロベルト・シュ-マン・ハウス ツヴィッカウ

Robert-Schumann-Haus Zwickau

Hauptmarkt 5

08056 Zwickau

www.schumann-zwickau.de

開館時間: 火-金  10-17時

土、日、祝日 13-17時

休館日: 月曜日、キリスト受難日の金曜日、12月24日、12月31日

入館料: 5ユーロ (学生2.5ユ-ロ)

第一水曜日入館無料


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

シェ-ファ-玲子

ドイツ・ライプツィヒ特派員のシェ-ファ-玲子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ドイツドイツ/ライプツィヒ特派員
名前:シェ-ファ-玲子

シェ-ファ-玲子

2008年夏よりドイツ中東部の町ライプツィヒ在住。その前は12年間ベルリン、そして学生時代はミュンヘンに留学していた神戸生まれの関西人。日本でも神戸のドイツ総領事館に勤務するなど、ずっとドイツと関わってきた。ドイツ移住後は謀テレビ局ベルリン支局にて2017年秋まで勤務。現在はライプツィヒにてフリ-ランスと主婦業に従事している。個人ブログ「ライプチヒで独逸日記」もよろしければご訪問ください! お問合せ・ご連絡はこちらまで。 DISQUS ID @disqus_vXOimP5ytn

ライプツィヒ特派員トップにもどる

その他のドイツの特派員

ライプツィヒを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ライプツィヒ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ドイツ > ライプツィヒ特派員 > シュ-マンのファンなら必見!ツヴィッカウにあるシュ-マン・ハウスは見所がいっぱい!

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について