トップ > ヨーロッパ > ドイツ > ライプツィヒ特派員 > ドイツで6月の楽しみの一つ。いちご狩りで美味しいイチゴ三昧!

ドイツドイツ/ライプツィヒ特派員ブログ

ドイツで6月の楽しみの一つ。いちご狩りで美味しいイチゴ三昧!

カテゴリー:レストラン・料理・食材 投稿日:2019年6月25日

初夏になると美味しい果物が店頭に並ぶドイツ。桃、イチゴ、サクランボ、アプリコット、ラズベリ-などが楽しめます。

しかし桃、アプリコットなどはドイツではなかなか収穫できないフル-ツですので、たいていがスペインやイタリアからの輸入物。比較的安価で買えますが美味しい時もあればそうでないときもあります。

とりわけイチゴは、5月初め頃から出回るスペイン産のものは甘みにかけて、砂糖をかけないと物足りないほどのものが多いのが現状。おそらくスペイン本国ではきっとおいしいイチゴが獲れるはずですが、ドイツに輸出されるものはそうでないのかもしれません。

でもイチゴやサクランボは6月を過ぎるとドイツ産の物が食せます。

Ichigo klein korb.jpg



とりわけイチゴはいちご狩りができる畑がドイツ中に存在します。

私も毎年6月半ば過ぎにはいちご狩りに行きます。

今年もライプツイヒ郊外にあるイチゴ農園に行ってきました。

ドイツのいちご狩りは、日本と違って入場料は無料。収穫したイチゴの代金のみ量り売りという有り難いシステムです。

独自で入れ物を持参し、入口でその重さをあらかじめ図ってもらいそのメモをもらいます。

そして、いざ畑へGo!

皆さん、腰を曲げてイチゴ狩りに専念しています。

Gaikan.jpg

至る所に新鮮なイチゴが顔を出しています。


Ichigo in Feld.jpg


通常ドイツ産のいちごはお店で買うと、500gのパックで3.5ユーロほど。

ここで自分で収穫したイチゴは1キロで3.75ユーロですから、約半額です。

大きさは市販のものよりは小さいですが、甘くてとっても美味!しかも超新鮮!

今回もお隣さんと一緒に沢山収穫しました。

Ichigo alle.jpg



獲れたては香りも素晴らしい!


Ichigo zoom.jpg

たくさん採って、新鮮なうちにイチゴジャムを作りました。

Marmerade.jpg


手作りイチゴジャムは市販のものとは違った、香り高いフル-ティ-なおいしさが楽しめますね。




イチゴ狩りは毎年初夏の楽しみの一つです。



記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

シェ-ファ-玲子

ドイツ・ライプツィヒ特派員のシェ-ファ-玲子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ドイツドイツ/ライプツィヒ特派員
名前:シェ-ファ-玲子

シェ-ファ-玲子

2008年夏よりドイツ中東部の町ライプツィヒ在住。その前は12年間ベルリン、そして学生時代はミュンヘンに留学していた神戸生まれの関西人。日本でも神戸のドイツ総領事館に勤務するなど、ずっとドイツと関わってきた。ドイツ移住後は謀テレビ局ベルリン支局にて2017年秋まで勤務。現在はライプツィヒにてフリ-ランスと主婦業に従事している。個人ブログ「ライプチヒで独逸日記」もよろしければご訪問ください! お問合せ・ご連絡はこちらまで。 DISQUS ID @disqus_vXOimP5ytn

ライプツィヒ特派員トップにもどる

その他のドイツの特派員

ライプツィヒを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ライプツィヒ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ドイツ > ライプツィヒ特派員 > ドイツで6月の楽しみの一つ。いちご狩りで美味しいイチゴ三昧!

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について