トップ > ヨーロッパ > ドイツ > ライプツィヒ特派員 > ライプチィヒの町が黒色でいっぱいになる4日間!「ウェイブ・ゴシック・フェスティバル」開催!

ドイツドイツ/ライプツィヒ特派員ブログ

ライプチィヒの町が黒色でいっぱいになる4日間!「ウェイブ・ゴシック・フェスティバル」開催!

カテゴリー:イベント・行事・お祭り 投稿日:2019年6月 8日

毎年5月中旬から6月中旬頃にある聖霊降臨祭の祝日の週末には、ライプツィヒで世界最大のゴシック・サブカルチャ-の祭典が開かれます。

これは、1992年から始まったもので、世界中から黒い衣装をまとった約2万人のゴシック愛好者たちがここライプツィッヒに集合。町の各地で、ゴシック音楽の演奏会、朗読会、演劇パ-フォ-マンスなどが開催されます。

今年は、6月7日(金)から10日(月)までの4日間です。
早速、町の様子を見てきました。

とにかく町中が彼らの洋服の黒一色が目立ちます。

ゴシックといっても、色は黒でも衣装はさまざま。

ゴシック時代の衣装を再現したものもあれば、ヴィクトリア朝風のドレスを装った人も多く見られます。


Zwei Frauen.jpg



一方で、今風の若いスタイルの女性。

zwei Fraune innenstadt.jpg


また、パンク系や異色なファッションも。

Haltstelle  Fraumit kunsthaar.jpg



中には羽根の付けた衣装もお目見えです。


Frau mit Fluegel.jpg



ちなみに、この二万人の参加者の皆さんが集まってピクニックをする公園があります。

ものすごい数の独特の雰囲気を味わいたい方は、その公園にいかれるのがお勧めです。

アグラ農芸公園(agra-Park)
所在地
Bornaische Straße 210, 04279 Leipzig
最寄り停留所
► Dölitz, Straßenbahnof(デーリッツ・シュトラーセンバーンホーフ):路面電車11号線
(中央駅からの場合:駅前停留所2番ホームよりMarkkleeberg-Ost行き、14番目の停留所。所要時間約25分。)



なんとも異様な光景ではありますが、今ではライプツィヒの風物詩となりつつあるウェイブ・ゴシック・フェスティバル。

この時期にライプツィヒに来られた方は、何事かとびっくりされることでしょう。

また、このフェスティバルの参加者とそれを見に来る観光客もいるので、ホテルが予約しにくくなる時期でもあります。

このウェイブ・ゴシック・フェスティバルの期間にライプツィヒに来られるか方は、できるだけ早くホテルを予約することをお勧めします。

来年は5月29日から6月1日の予定です。




ウェイブ・ゴシック・フェスティバル

毎年5月中旬から6月中旬頃開催(聖霊降臨祭の祝日の週末。毎年

日が違います)


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

シェ-ファ-玲子

ドイツ・ライプツィヒ特派員のシェ-ファ-玲子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ドイツドイツ/ライプツィヒ特派員
名前:シェ-ファ-玲子

シェ-ファ-玲子

2008年夏よりドイツ中東部の町ライプツィヒ在住。その前は12年間ベルリン、そして学生時代はミュンヘンに留学していた神戸生まれの関西人。日本でも神戸のドイツ総領事館に勤務するなど、ずっとドイツと関わってきた。ドイツ移住後は謀テレビ局ベルリン支局にて2017年秋まで勤務。現在はライプツィヒにてフリ-ランスと主婦業に従事している。個人ブログ「ライプチヒで独逸日記」もよろしければご訪問ください! お問合せ・ご連絡はこちらまで。 DISQUS ID @disqus_vXOimP5ytn

ライプツィヒ特派員トップにもどる

その他のドイツの特派員

ライプツィヒを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ライプツィヒ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ドイツ > ライプツィヒ特派員 > ライプチィヒの町が黒色でいっぱいになる4日間!「ウェイブ・ゴシック・フェスティバル」開催!

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について